Daily Searchivist

記録管理、文書管理、公文書館、アーカイブ、アーカイブズ... 今注目のキーワードを読み解くための最新情報を厳選してお伝えします。

オーストラリア

日本アーカイブズ学会2019年度大会【4/20-21】

標記の大会が開催されます。 参加申し込みは不要です。 詳しくは、日本アーカイブズ学会のサイトをご参照ください。 http://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=331 期日 2019年4月20日(土)・21日(日) 会場 学習院大学 南3号館(JR山手線目…

日本アーカイブズ学会2018年度大会【4/21-22】

日本アーカイブズ学会が、2017年度の大会を東洋大学で開催します。 参加申し込みは不要です。 詳しくは、同会のサイトの「最新ニュース」をご参照下さい。 http://www.jsas.info/ 期日 2018年4月21日(土)・22日(日) 会場 東洋大学白山キャンパス6号館2階…

戦時中に接収した日系企業の活動記録、豪が寄贈

『日本経済新聞』のサイトの2017年11月21日付の記事です。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23772840R21C17A1CR8000/ オーストラリア政府は、第2次世界大戦中に接収した戦前の日系企業の活動記録を、2018年3月に日本の国立公文書館に寄贈することを…

豪州国立公文書館が戦前の日系企業の資料などを国立公文書館に寄贈へ 家族写真なども

産経ニュースの2017年7月18日付の記事です。 http://www.sankei.com/world/news/170718/wor1707180018-n1.html オーストラリア国立公文書館から、戦前に現地で活動していた日系企業の資料など文書箱約3300個分が国立公文書館に寄贈されるそうです。

記録管理学会2017年研究大会【6/2-3】

記録管理学会が、今年の研究大会を開催します。 詳しくは、同会のサイトの「トピックス」をご参照下さい。 https://www.rmsj.jp/ 開 催 日: 2017年 6月 2日(金)、3日(土) 見学コースにご参加の方は6月2日(金)JR二日市駅待合室に9:05集合です。 会 場 : …

『Archival Science』Vol. 15, Issue 4

『Archival Science』Vol. 15, Issue 4(2015年12月)の主な内容は以下の通りです。 「活動のアーカイビングと活動的アーカイビング」の特集号です。 Editorial “Humanizing an inevitability political craft”: Introduction to the special issue on archi…

『Archives and Records』Vol. 35, Issue 2

『Archives and Records』Vol. 35, Issue 2(2014年)の主な内容は以下の通りです。 Articles Constructing archives of the Occupy movement John Erde Towards an archival collecting plan for the records generated by the Portuguese community-based …

ICAソウル大会記念シンポジウム「アーカイブズの未来を考える」【9/11】

国立公文書館が、韓国・ソウルにおいて開催される国際公文書館会議(International Council on Archives, ICA)大会を記念して、標記のシンポジウムを開催します。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、同館のサイトをご参照ください。 http://www.archi…

全史料協近畿部会第130回例会「東京大学文書館における資料管理のとりくみについて:理論の理解と実践の試み」【1/16】

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会の近畿部会が、標記の例会を開催します。 詳しくは、同部会のブログをご参照ください。 http://jsai-kinki.com/blog-entry-66.html と き 平成28年1月16日(土) 午後1時30分〜4時30分 ところ 尼崎市総合文化セン…

『レコード・マネジメント』第67号

記録管理学会が発行する『レコード・マネジメント』第67号(2014年12月)の主な記事は以下の通りです。 写真レポート 記録管理学会2014年通常総会・研究大会 松本 優 研究大会に寄せて ようこそ札幌へ、ようこそ藤女子大学へ―2014年研究大会に寄せて― 小川千…

『レコード・マネジメント』第66号

記録管理学会が発行する『レコード・マネジメント』第66号(2014年3月)の主な記事は以下の通りです。 特別寄稿 「特別寄稿」掲載にあたって 『レコード・マネジメント』66号編集委員会 国立公文書館長業務引継帳余録 高山 正也 アーカイブズの未来のための…

アーカイブズの構造認識と編成記述

国文学研究資料館編. アーカイブズの構造認識と編成記述. 思文閣, 2014, 400p. 主な内容は以下の通りです。 序 論 本書刊行のねらい 大友一雄 第一編 アーカイブズの編成記述―理論と動向 アーカイブズ機関における編成記述の動向と課題 ―都道府県文書館の目…

記録管理学会2014年研究大会【5/23-24】

記録管理学会が、今年度の研究大会を開催します。 詳しくは、同会のサイトをご参照下さい。 http://www.rmsj.jp/rmsj-研究大会2014/ 期 日 :2014 年 5 月 23 日(金)、24 日(土) 会 場 : 5 月23 日 札幌エルプラザ4 階大研修室 JR 札幌駅北口から徒歩3 分 h…

『Archival Science』Vol. 12, Issue 2

『Archival Science』Vol. 12, Issue 2(2012年6月)の主な内容は以下の通りです。 「アーカイブズと先住民族の人権」に関する特集号です。 Editors’ introduction to Keeping cultures alive: Archives and Indigenous human rights Sue McKemmish, Livia I…

『GCAS Report』vol.1のWeb公開

学習院大学大学院人文科学研究科アーカイブズ学専攻研究年報『GCAS Report』vol.1(2012年2月)の全文が、同専攻のサイトで公開されました。 http://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/arch/index.html 主な内容は以下の通りです。 講演 記録のパフォーマティ…

『キーピング・アーカイブズ』の日本語訳連載

映画保存協会は、オーストラリア・アーキビスト協会が発行したKeeping Archives第3版のうち、3つの章を日本語訳しました。 2011年10月から2012年10月まで、勉誠出版のサイトで連載されています。 http://bensei.jp/?main_page=wordpress&cat=7 翻訳された章…

電子記録応用基盤フォーラム 成果報告会【3/19】

標記の報告会が開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、主催者のサイトをご参照下さい。 http://www.jipdec.or.jp/dupc/forum/erap/event/report20130319.html 主 催: JIPDEC(一般財団法人日本情報経済社会推進協会) 日 時: 平成25年3月…

『Archival Science』Vol. 11, Nos. 3-4

『Archival Science』Vol. 11, Nos. 3-4(2011年11月)の主な内容は以下の通りです。 Questions of trust (and distrust) Andrew Flinn and Elizabeth Shepherd Trust and professional identity: narratives, counter-narratives and lingering ambiguities…

『歴史評論』No. 739

『歴史評論』No. 739(2011年11月)が、特集「戦争と平和のアーカイブズ」を組んでいます。 以下の記事が掲載されています。 原爆・核実験被害関係資料の現状 ―ABCC・米軍病理学研究所・米原子力委員会― 高橋 博子 太平洋戦争の開戦と在豪日系企業記録 …

『Records Management Journal』Vol. 20, Issue 3

『Records Management Journal』Vol. 20, Issue 3(2010年)の主な内容は以下の通りです。 What will be the next records management orthodoxy? James Lappin Digital recordkeeping: are we at a tipping point? Kate Cumming, Cassie Findlay Human-comp…

『Archival Science』Vol. 10, No. 4

『Archival Science』Vol. 10, No. 4(2010年12月)の主な内容は以下の通りです。 Ten years of archival science Eric Ketelaar Rethinking archival, ethical and legal frameworks for records of Indigenous Australian communities: a participant rela…

国際公文書館会議東アジア地域支部(EASTICA)第10回総会及びセミナー【11/15-18】

標記の国際会議が、東京で開催されます。 あわせて、アジア歴史資料センター設立10周年記念シンポジウムも開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、国立公文書館のサイトをご参照下さい。 http://www.archives.go.jp/news/110801_01.html テ…

情報公開を進めるための公文書管理法解説

右崎正博; 三宅弘編. 情報公開を進めるための公文書管理法解説. 日本評論社, 2011, 288p. 主な内容は以下の通りです。 第1部 公文書管理法とは何か 第1章 国民共有の知的資源としての公文書 1 なぜ、公文書管理法か――制定の背景と意義 後藤 仁 2 公文書…

日本アーカイブズ学会2011年度大会【4/23-24】

日本アーカイブズ学会が、今年度の大会を開催します。 参加申し込みは不要です。 詳しくは、同会のサイトをご参照下さい。 http://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=67 期日:2011年4月23日(土)・24日(日) 会場:学習院大学 〒1…

研究集会「アーカイブズの構造を読み解く−編成・記述論の現在―」【1/15】

国文学研究資料館で、標記の研究集会が開催されます。 参加申し込みは不要です。 詳しくは、主催者の日本アーカイブズ学会のサイトをご参照ください。 http://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=60 日時:2011年1月15日(土) 13:00-17:00 会場…

ガバナンスのための記録管理

国際アーカイブズ評議会太平洋地域支部(ICA/PARBICA)は、The Recordkeeping for Good Governance Toolkitを発表しました。 ICAのサイトで無料で公開されています。 http://new.ica.org/4521/professional-resources/the-recordkeeping-for-good-governance…

アーカイブズ情報の共有化に向けて

アーカイブズ情報の共有化に向けて―アーカイブズ研究系 国文学研究資料館編. アーカイブズ情報の共有化に向けて. 岩田書院, 2010, 284p. 主な内容は以下の通りです。 第1部 アーカイブズ情報の共有化と情報社会 社会学によるアーカイブズ論のための基礎的考…

クラウド・コンピューティングをめぐる記録管理上のリスクへの対処

Australasian Digital Recordkeeping Initiative (ADRI)は2010年8月、Advice on managing the recordkeeping risks associated with cloud computingを発表しました。 ADRIのサイトで全文が公開されています。 http://adri.gov.au/default.aspx 政府機関がク…

『Records Management Journal』Vol. 19, Issue 1

『Records Management Journal』Vol. 19, Issue 1(2009年)の主な内容は以下の通りです。 From memory to digital record: Personal heritage and archive use in the twenty-first century Nick Barratt Managing records, making knowledge and good gove…

『Archival Science』Vol. 8, No. 1

『Archival Science』Vol. 8, No. 1(2008年3月)の主な内容は以下の通りです。 Off the record: outsourcing security and state building to private firms and the question of record keeping, archives, and collective memory Frederik Rosen Particip…