Daily Searchivist

記録管理、文書管理、公文書館、アーカイブ、アーカイブズ... 今注目のキーワードを読み解くための最新情報を厳選してお伝えします。

宮内庁三の丸尚蔵館学芸室の研究職職員募集

宮内庁が、三の丸尚蔵館学芸室研究職職員(画像情報)1名を募集しています。 採用後の職務は以下の通りです。 三の丸尚蔵館における収蔵品データの整理・管理,作品データベースの制作及びインターネット上での作品画像・解説等の公開並びに写真史料の調査研…

文化庁企画調整課研究補佐員の募集

文化庁が、企画調整課研究補佐員(時間雇用職員)1名を募集しています。 職務内容は以下の通りです。 国立近現代建築資料館が行う企画系(展示及び普及活動の実施案作成,展示資料借用,展示設営,図録作成,広報等)業務の統括(業務実施計画の立案・管理,…

認証アーキビストに190人 国立公文書館

時事通信のサイトの2021年1月8日付の記事です。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2021010800973&g=pol 国立公文書館は、文書管理専門の公的資格「認証アーキビスト」の初の認証者190人を発表したそうです。

国立公文書館の公文書館専門職員・公文書専門員募集

国立公文書館が、公文書館専門職員及び公文書専門員をそれぞれ若干名募集しています。 職務内容は以下の通りです。 公文書館専門職員 国立公文書館の中核的役割を果たす職員として、「公文書等の管理に関する法律」(平成 21 年 7 月 1 日法律 66 号)、「国…

未来への記録: リスクを回避するための自治体の文書管理

関東弁護士会連合会編. 未来への記録: リスクを回避するための自治体の文書管理. 第一法規, 2020, 360p. 主な内容は以下の通りです。 第1部 文書管理のいま──2018年シンポジウムの概要 シンポジウム冒頭挨拶とその後の公文書管理 第1章 日本の公文書管理に…

公文書管理: 民主主義の確立に向けて

日本弁護士連合会法律サービス展開本部自治体等連携センター; 日本弁護士連合会情報問題対策委員会編. 公文書管理: 民主主義の確立に向けて. 明石書店, 2019, 256p. 主な内容は以下の通りです。 序章 公文書管理と民主主義 佐野亘 第1部 国における公文書管…

こんなときどうする?自治体の公文書管理: 実際にあった自治体からの質問36

早川和宏監修. 地方公共団体公文書管理条例研究会著. こんなときどうする?自治体の公文書管理: 実際にあった自治体からの質問36. 第一法規, 2019, 236p. 主な内容は以下の通りです。 第1章 地方自治体における「公文書管理」とは 第2章 公文書管理の仕組…

実務担当者のための逐条解説: 公文書管理法・施行令

公文書管理研究会編. 実務担当者のための逐条解説: 公文書管理法・施行令. ぎょうせい, 2019, 400p. 主な内容は以下の通りです。 第1部 総論 1 概要 2 立法化の経緯 3 法律のポイント 4 法施行後の公文書管理制度に関する経緯 第2部 逐条解説 〔公文書…

一目でわかる自治体の文書管理: 行政文書管理ガイドラインの実践

廣田傳一郎編著. 江川毅著. 一目でわかる自治体の文書管理: 行政文書管理ガイドラインの実践. 第一法規, 2018, 384p. 主な内容は以下の通りです。 1 事務室の文書を50%削減せよ! 2 最適的な改善手法を評価選別せよ! 3 事務室環境を改善せよ! 4 分類を…

文書と記録: 日本のレコード・マネジメントとアーカイブズへの道

高山正也監修. 壺阪龍哉; 齋藤柳子; 清水惠枝; 渡邉佳子著. 文書と記録: 日本のレコード・マネジメントとアーカイブズへの道. 樹村房, 2018, 241p. 主な内容は以下の通りです。 第I部 日本のレコード・マネジメントの歩みと次世代の姿を探る 序 章 公文書改…

条文解説公文書管理法: 行政情報二法のポイントとともに

藤原静雄; 七條浩二. 条文解説公文書管理法: 行政情報二法のポイントとともに. 有斐閣, 2013, 210p. 主な内容は以下の通りです。 序 章 情報3法の全体像と関係 第1章 情報2法の概要 1 行政機関情報公開法の仕組みと読み方 2 行政機関個人情報保護法の仕…

電子化は「おおむね進展」 中央省庁作成の文書

時事通信のサイトの2020年12月15日付の記事です。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2020121500805&g=pol 中央省庁など46行政機関が2019年度に作成・取得した文書のうち、電子媒体を正本・原本として管理しているかに関し、「全てで実施」「一部で実…

ラウンドテーブル「デジタル公共文書を考える-公文書・団体文書を真に公共財にするために-」【1/12】

標記のラウンドテーブルが開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、DNP学術電子コンテンツ研究寄付講座のサイトをご参照ください。 http://dnp-da.jp/events-and-news/20201120/ 日時:2021年1月12日(火) 15:00~17:30 主催:東京大学大学…

日本学術会議・日本歴史学協会主催シンポジウム「続発する大災害から史料を守る―現状と課題―」【12/19】

標記のシンポジウムが開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、日本学術会議のサイトをご参照ください。 http://www.scj.go.jp/ja/event/2020/295-s-1219.html 日時 令和 2年12月19日(土)13:30~ 開催地 オンライン開催 対象 どなたでも参…

公文書専門職申請、想定の2倍超 高い関心、体制整備が急務

共同通信のサイトの2020年11月29日付の記事です。 https://this.kiji.is/705712504312661089?c=39546741839462401 政府が初めて募集した公文書管理の公的資格「認証アーキビスト」の申請数が、想定を超える248人に上ったそうです。

第31回保存フォーラム「戦略的「保存容器」の使い方―さまざまなカタチで資料を護る―」【12/16-1/15】

標記のフォーラムが開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、国立国会図書館のサイトをご参照ください。 https://www.ndl.go.jp/jp/event/events/preservationforum31.html 日時 2020年12月16日(水) ~2021年1月15日(金) 上記期間中、いつで…

官房長官「大変遺憾」 森友問題に事実と異なる答弁

『日本経済新聞』のサイトの2020年11月25日付の記事です。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66613020V21C20A1PP8000 加藤勝信官房長官は、学校法人「森友学園」を巡る国会答弁に事実と異なる点があったことに関し、「国民の疑惑を招く事態は二度と起こ…

訴訟記録はなにを語る

朝日新聞デジタルの連載記事です。 https://www.asahi.com/rensai/list.html?id=1123&iref=pc_rensai_article_breadcrumb_1123 内容は以下の通りです。 第1回 2・26事件首謀者のおい、法相に嘆願「訴訟記録を…」(2020年11月12日付) 第2回 「不可欠な歴史に…

脱ハンコどう思う? 印鑑に罪なし、役所のムダに着目を

朝日新聞デジタルの2020年11月15日付の記事です。 https://www.asahi.com/articles/ASNCG5VV3NC9ULZU00D.html 「国民の信頼感を高めるためには、デジタル庁をつくる議論の中に、個人情報や公文書を厳密に管理することも入れるべきです」との見解を紹介してい…

6人除外経緯の文書 官房長官「内閣府で管理」 野党の提出要求拒否 参院予算委

『毎日新聞』のサイトの2020年11月5日付の記事です。 https://mainichi.jp/articles/20201105/k00/00m/010/248000c 加藤勝信官房長官は、日本学術会議から推薦された新会員候補6人を任命しなかった問題に関し、6人の除外を決定した経緯を記録した文書を内閣…

デジタルドキュメント2020 ウェビナー【11/12-30】

標記のセミナーが開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、日本文書情報マネジメント協会のサイトをご参照ください。 https://www.jiima.or.jp/dd2020_webinar_entry/ 日時 2020年11月12日(木)~30日(月) 開催方式 オンデマンド動画配信 …

河北春秋

『河北新報』のサイトの2020年10月23日付のコラムです。 https://www.kahoku.co.jp/column/kahokusyunju/20201023_01.html 『君主論』で知られるイタリアのマキャベリの文書を取り上げつつ、菅菅義偉首相の著書『政治家の覚悟』から公文書管理の重要性につい…

夕歩道

『中日新聞』のサイトの2020年10月21日付のコラムです。 https://www.chunichi.co.jp/article/140815/ 国立公文書館が公文書管理の専門職「アーキビスト」認証に乗り出したことについて、「為政者は当てにならぬ。専門職の誕生に期待する」としています。

「公文書残すの当然」削除 菅首相著作の新書判出版

時事通信のサイトの2020年10月20日付の記事です。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2020102000840&g=pol 菅義偉首相の2012年刊行の単行本「政治家の覚悟」には公文書の重要性を指摘する記述がありましたが、このほど出された新書判ではこれが削られた…

文書管理の専門新資格、248人が応募 国立公文書館

『日本経済新聞』のサイトの2020年10月5日付の記事です。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64618860V01C20A0PP8000/ 国立公文書館は、文書管理専門の公的資格「認証アーキビスト」に248人の応募があったと発表したそうです。

アジア歴史資料センターの非常勤職員募集

アジア歴史資料センターが、非常勤職員1名を募集しています。 職務内容は以下の通りです。 (1)アジ歴データベース構築業務(資料提供機関・業務委託業者との連絡調整、年間業務計画作成、調査員作業の進捗管理等) (2)アジ歴ホームページ上のコンテン…

「前例ない決定、菅首相がなぜしたかが問題」学術会議任命外された加藤陽子氏コメント

『毎日新聞』のサイトの2020年10月1日付の記事です。 https://mainichi.jp/articles/20201001/k00/00m/010/354000c 日本学術会議が推薦した新会員候補者105人のうち、任命から外された一人の加藤陽子・東京大学教授が、公文書管理について政権にアドバイスを…

国が起こした戦争、関わるべき 舞鶴市長「引揚記念館、国営化を」 後世に伝える約束、胸に /京都

『毎日新聞』のサイトの2020年9月29日付の記事です。 https://mainichi.jp/articles/20200929/ddl/k26/040/298000c 京都府舞鶴市の多々見良三市長は、舞鶴引揚記念館の国営化を目指す考えを表明したそうです。

アーキビストに100人超応募 文書管理の専門資格―国立公文書館

時事通信のサイトの2020年9月28日付の記事です。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2020092800728&g=pol 2020年度に創設した文書管理専門の公的資格「認証アーキビスト」に、100人超の応募があったそうです。

井上万博相、公文書管理デジタル化に意欲「しっかり進めたい」

『産経新聞』のサイトの2020年9月28日付の記事です。 https://www.sankei.com/politics/news/200928/plt2009280026-n1.html 公文書管理を担当する井上信治万博相は、就任後初めての公文書管理委員会で、公文書管理のデジタル化推進に意欲を示したそうです。