Daily Searchivist

記録管理、文書管理、公文書館、アーカイブ、アーカイブズ... 今注目のキーワードを読み解くための最新情報を厳選してお伝えします。

日本アーカイブズ学会2021年度大会【4/24-25】

標記の大会が開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、日本アーカイブズ学会のサイトをご参照ください。 http://www.jsas.info/?p=1710 日程 2021年4月24日(土) 13:00~15:00 総会(会員のみ) 15:15~16:30 大会講演会 2021年4月25日(日…

国立公文書館長に鎌田氏 政府

時事通信のサイトの2021年3月23日付の記事です。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2021032300645&g=pol 政府は、国立公文書館長に鎌田薫前早稲田大学総長を任命する人事を決めたそうです。

地下鉄サリン26年 遺族ら国主導の事件アーカイブ化要望

『産経新聞』のサイトの2021年3月19日付の記事です。 https://www.sankei.com/affairs/news/210319/afr2103190018-n1.html 地下鉄サリン事件の遺族らが、風化防止のために国が主導して事件の記録をアーカイブ化することなどを求める要望書を手渡したそうです…

認証アーキビスト 公文書の適正な管理期待

『福井新聞』のサイトの2021年3月18日付の論説です。 https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1280110 認証アーキビストについて言及し、「将来的には公的な資格制度の創設も視野に、アーキビストが誇りをもって専門職として活躍できる場の拡大を目指し…

外務省の任期付職員募集

外務省が、外交史料館で勤務する任期付職員を募集しています。 職務内容は以下の通りです。 公文書の歴史的価値に関する評価・選別分野 外務省外交史料館において、公文書の歴史的価値に関する評価・選別業務の担当官として、外務省各課室が作成・保管する公…

国立映画アーカイブの特定研究員募集

国立映画アーカイブが、特定研究員1名を募集しています。 職務内容は以下の通りです。 (1) 配信サイト構築に係る業務(配信サイトの機能設計、委託業務管理等) (2) データベース構築及び運用に係る業務 (3) デジタルデータの保存及び運用に係る業…

新型コロナ対策、政府の公文書管理の問題点は? 意思決定過程、記録なく

『中日新聞』のサイトの2021年3月6日付の記事です。 https://www.chunichi.co.jp/article/213216 安倍晋三前首相らが官邸で新型コロナウイルス対策を議論した「連絡会議」を巡り、議事の記録に安倍氏や関係閣僚の発言が記載されていないことが判明したそうで…

「歴史的緊急事態」なのに…コロナ対応で議事録作成義務は4件

『毎日新聞』のサイトの2021年2月26日付の記事です。 https://mainichi.jp/articles/20210225/k00/00m/010/162000c 政府が新型コロナウイルスへの対応を「歴史的緊急事態」に指定したことに伴い、公文書の作成・保存を徹底する対象とした会議のうち、発言者…

法解釈変更も決裁必要に 法務省、文書管理ルール改正

『日本経済新聞』のサイトの2021年2月19日付の記事です。 https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE1930T0Z10C21A2000000/ 法務省は、公文書作成や決裁に関するルールを改正したそうです。

第169回記録管理学会例会「公文書管理の改善を目指し、認証アーキビストが取り組むべき展望」【3/6】

標記の例会が開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、記録管理学会のサイトをご参照ください。 https://www.rmsj.jp/ テ ー マ 公文書管理の改善を目指し、認証アーキビストが取り組むべき展望 開催日時 2021 年 3 月 6 日(土)14:30~1…

宮内庁書陵部図書課宮内公文書館事務補佐員の募集

宮内庁書陵部図書課宮内公文書館が、事務補佐員2名を募集しています。 採用後の職務は以下の通りです。 宮内公文書館が所蔵する歴史資料として重要な公文書等の保存管理,出納及び閲覧者対応に関する業務 応募資格は以下の通りです。 1.高等学校卒業又はこ…

「認証アーキビスト」県文書館から2人 専門職員で公文書管理を強化

『中日新聞』のサイトの2021年2月18日付の記事です。 https://www.chunichi.co.jp/article/204200 国立公文書館が創設した「認証アーキビスト」に、福井県文書館の職員2名が認証を受けたそうです。

裁判記録の半永久的保存、基準は「全国紙の1面掲載」

朝日新聞デジタル2021年2月12日付の記事です。 https://www.asahi.com/articles/ASP2D72ZFP2DUTIL011.html 判決文や尋問の速記録といった刑事裁判記録のうち、通常の期限後も半永久的に保存される「刑事参考記録」について、法務省は、指定対象となる事件の…

全国映画資料アーカイブサミット2021【3/2】

標記のイベントが開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、映像産業振興機構のサイトをご参照ください。 https://www.vipo.or.jp/news/25790/ 日 時 2021年3月2日(火)10:00~18:00(予定) 「Zoom」を使ったライブ配信での開催となります…

Q&Aでわかる公文書管理法入門

岡本信一; 植草泰彦. Q&Aでわかる公文書管理法入門. ぎょうせい, 2019, 168p. 主な内容は以下の通りです。 第1章 Q&A 1 総論 2 行政文書の管理 3 法人文書の管理 4 特定歴史公文書等の管理 5 公文書管理委員会 6 その他 第2章 資料 1 公文書等の…

公文書問題と日本の病理

松岡資明. 公文書問題と日本の病理. 平凡社, 2018, 224p, (平凡社新書, 895). 主な内容は以下の通りです。 はじめに──理念なき公文書管理 第I部 噴出した公文書問題 1 森友学園問題が浮かび上がらせたもの 2 加計学園問題の核心 3 陸上自衛隊PKO部隊日報…

公文書問題: 日本の「闇」の核心

瀬畑源. 公文書問題: 日本の「闇」の核心. 集英社, 2018, 216p, (集英社新書). 主な内容は以下の通りです。 はじめに 行ったことの検証を疎かにすることは、同じ過ちをくり返すこと 第一部 情報公開と公文書管理はなぜ重要か 第二部 特定秘密という公共の情…

監視社会と公文書管理: 森友問題とスノーデン・ショックを超えて

三宅弘. 監視社会と公文書管理: 森友問題とスノーデン・ショックを超えて. 花伝社, 2018, 400p. 主な内容は以下の通りです。 第1章 監視社会と個人情報の管理・情報非公開 第2章 プライバシーの保護と改正個人情報保護法 第3章 民主主義の通貨としての情…

公文書管理と民主主義: なぜ、公文書は残されなければならないのか

瀬畑源. 公文書管理と民主主義: なぜ、公文書は残されなければならないのか. 岩波書店, 2019, 64p, (岩波ブックレット, 1000). 主な内容は以下の通りです。 はじめに 1 隠蔽された公文書 2 情報公開制度はなぜ必要か 3 情報公開法と公文書管理法 4 公文…

公文書は誰のものか?: 公文書管理について考えるための入門書

榎澤幸広; 清末愛砂編集代表. 飯島滋明; 池田賢太; 奥田喜道 ;永山茂樹編著. 公文書は誰のものか?: 公文書管理について考えるための入門書. 現代人文社, 2019, 176p. 主な内容は以下の通りです。 第1部 国家権力による情報独占と公文書をめく゛る事件 1 公…

公文書管理における現状と課題

中京大学社会科学研究所アーカイブズ研究プロジェクト編. 公文書管理における現状と課題. 創泉堂出版, 2019, 228p. 主な内容は以下の通りです。 発刊にあたって 日本の公文書管理のあり方について ─アーカイブとしての公文書のあり方について─ 戦前期行政機…

過去の名舞台から最新ミュージカルまで…デジタルアーカイブ化1300本 演劇界を有料配信で支援へ

『東京新聞』のサイトの2021年2月3日付の記事です。 https://www.tokyo-np.co.jp/article/83778 新型コロナウイルスの感染拡大で苦境に立つ舞台芸術界を支援するため、劇団などが持つ舞台公演映像を収集してデジタルアーカイブを構築するプロジェクト「緊急…

国家公務員の働き方に新指針 デジタル化で残業削減

『日本経済新聞』のサイトの2021年1月29日付の記事です。 https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE286LA0Y1A120C2000000/ 政府は、国家公務員の勤務環境を整備するための指針を5年ぶりに改定し、重点的に取り組むべき課題として行政文書の電子化などを挙げ…

国立映画アーカイブの特定研究員募集

国立映画アーカイブが、特定研究員1名を募集しています。 職務内容は以下の通りです。 国立映画アーカイブにおける、デジタル化や配信サイト構築に関わる業務、及びデジタル映画のアーカイビング(保存、管理、活用等)に関連する業務 応募資格は以下の通り…

法務省に「ガバナンスPT」 決裁、公文書管理のあり方議論 定年延長問題踏まえ

『毎日新聞』のサイトの2021年1月26日付の記事です。 https://mainichi.jp/articles/20210126/k00/00m/010/164000c 法務省は、公文書管理や決裁に関するルールの見直しを進め、職員の問題意識を反映する形で業務や働き方の改善策を議論する「ガバナンスPT(…

新国立公文書館の建設予定地から埋蔵文化財、大規模調査で開館遅れる見通し

『読売新聞』のサイトの2021年1月23日付の記事です。 https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210122-OYT1T50324/ 2026年度に予定していた新しい国立公文書館の建設予定地である憲政記念館敷地の地中から文化財が見つかり、大規模な調査が必要になったた…

宮内庁三の丸尚蔵館学芸室の研究職職員募集

宮内庁が、三の丸尚蔵館学芸室研究職職員(画像情報)1名を募集しています。 採用後の職務は以下の通りです。 三の丸尚蔵館における収蔵品データの整理・管理,作品データベースの制作及びインターネット上での作品画像・解説等の公開並びに写真史料の調査研…

文化庁企画調整課研究補佐員の募集

文化庁が、企画調整課研究補佐員(時間雇用職員)1名を募集しています。 職務内容は以下の通りです。 国立近現代建築資料館が行う企画系(展示及び普及活動の実施案作成,展示資料借用,展示設営,図録作成,広報等)業務の統括(業務実施計画の立案・管理,…

認証アーキビストに190人 国立公文書館

時事通信のサイトの2021年1月8日付の記事です。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2021010800973&g=pol 国立公文書館は、文書管理専門の公的資格「認証アーキビスト」の初の認証者190人を発表したそうです。

国立公文書館の公文書館専門職員・公文書専門員募集

国立公文書館が、公文書館専門職員及び公文書専門員をそれぞれ若干名募集しています。 職務内容は以下の通りです。 公文書館専門職員 国立公文書館の中核的役割を果たす職員として、「公文書等の管理に関する法律」(平成 21 年 7 月 1 日法律 66 号)、「国…