Daily Searchivist

記録管理、文書管理、公文書館、アーカイブ、アーカイブズ... 今注目のキーワードを読み解くための最新情報を厳選してお伝えします。

制度

アートシーンを支える

高野明彦監修. 嘉村哲郎責任編集. アートシーンを支える. 勉誠出版, 2020, 312p, (デジタルアーカイブ・ベーシックス, 4). 主な内容は以下の通りです。 まえがき 高野明彦 Scene 0 ゼロ地点のDA 第1章 アート×デジタルアーカイブのこれまでとこれから 青柳正…

権利処理と法の実務

福井健策監修. 数藤雅彦責任編集. 権利処理と法の実務. 勉誠出版, 2019, 240p, (デジタルアーカイブ・ベーシックス, 1). 主な内容は以下の通りです。 シリーズ発刊にあたって デジタルアーカイブ学会会長 長尾真 まえがき 福井健策 序 章 デジタルアーカイブ…

デジタルアーカイブの理論と政策: デジタル文化資源の活用に向けて

柳与志夫. デジタルアーカイブの理論と政策: デジタル文化資源の活用に向けて. 勁草書房, 2020, 272p. 主な内容は以下の通りです。 はしがき 第I部 「デジタル文化資源」の発見 第一章 我が国における文化・知的情報資源政策形成に向けての基礎的考察 第二章…

新版デジタルアーキビスト入門: デジタルアーカイブの基礎

岐阜女子大学デジタルアーカイブ研究所編. 新版デジタルアーキビスト入門: デジタルアーカイブの基礎. 樹村房, 2019, 76p. 主な内容は以下の通りです。 1章 デジタルアーカイブとは 2章 文化(対象)の理解 3章 デジタル化と利用 4章 法と倫理 出版社による…

またずさんな公文書管理…消費者庁、「ジャパンライフ」パブコメ廃棄していた 30年保存義務の重要文書

『東京新聞』のサイトの2021年5月28日付の記事です。 https://www.tokyo-np.co.jp/article/107042 消費者庁が、政令の制定に影響を与える重要な行政文書として、政府のガイドラインで30年保存が求められているパブリックコメント(意見公募、パブコメ)へ…

福井健策・元演劇人の弁護士

『中日新聞』のサイトの2021年5月28日付の記事です。 https://www.chunichi.co.jp/article/262216 舞台公演映像のデジタルアーカイブを構築、有料配信につなげる文化庁の「緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業(EPAD)」について語って…

相模原市が公文書監理計画 全国に先駆け「監理官」配置

『神奈川新聞』のサイトの2021年5月26日付の記事です。 https://www.kanaloco.jp/news/government/article-516757.html 神奈川県相模原市は、公文書の適切な作成・保存についての知識や指導的な権限を持つ専門職員「公文書監理官」を全国の自治体に先駆けて…

公文書法10年 管理ずさん 体制強化を

『北海道新聞』のサイトの2021年5月24日付の社説です。 https://www.hokkaido-np.co.jp/article/547124?fbclid=IwAR3UPhVtdHw4AiCG0msuMYHLmNM8-WrwEcGPdSE1dQJJSgIwIJxhNq9eDgU 公文書管理法の施行から10年がたったことについて、「公文書のデジタル化も…

史料の保全 県に要望へ 信濃史学会 公文書条例施行に合わせ

『市民タイムス』のサイトの2021年5月23日付の記事です。 https://www.shimintimes.co.jp/news/2021/05/post-13841.php 信濃史学会は、長野県松本市中央公民館で定期総会と公開シンポジウムを開き、公文書や地域資料の保全・活用を県に求める要望書を取りま…

第26回史料保存利用問題シンポジウム「東日本大震災10年と史料保存―その取組と未来への継承―」【6/26】

標記のシンポジウムが開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、日本歴史学協会のサイトをご参照ください。 http://www.nichirekikyo.com/symposium/symposium2021hm.html 主催:日本歴史学協会・日本学術会議史学委員会 日本学術会議史学委員…

抜け落ちた記録-沖縄公文書

『沖縄タイムス』のサイトの連載記事です。 https://www.okinawatimes.co.jp/category/nukeochitakiroku_koubunsyo 内容は以下の通りです。 沖縄知事の政治判断 背景は「闇の中」 新基地埋め立て承認した仲井真氏(2021年5月8日付) 交渉に当たった幹部はほ…

町田樹さん 「著作権の壁」乗り越えて、映像作品集を14日発売

『毎日新聞』のサイトの2021年5月13日付の記事です。 https://mainichi.jp/articles/20210512/k00/00m/040/152000c 元フィギュアスケーターの町田樹さんが研究を通して訴えていることの一つに「演技のアーカイブを早急に整備すること」があるそうです。

特定秘密文書、管理徹底を 衆院審査会

時事通信のサイトの2021年5月11日付の記事です。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2021051101065&g=soc 特定秘密保護法の運用に関する年次報告書では、特定秘密文書の誤廃棄事案が発生しているとして、政府に文書管理の徹底を求めているそうです。

公文書は民主主義のインフラ 「政治に左右されず判断を」 国立公文書館前館長、加藤丈夫氏インタビュー

『東京新聞』のサイトの2021年5月10日付の記事です。 https://www.tokyo-np.co.jp/article/103143?rct=politics 「国立公文書館」の館長を務めた加藤丈夫氏が、政治家や官僚が公文書保存の意識改革を徹底し、アーキビストを活用すべきだと訴えています。

公文書管理の専門家アーキビスト 政府内での活用策未定 森友問題など受け創設

『東京新聞』のサイトの2021年5月10日付の記事です。 https://www.tokyo-np.co.jp/article/103140 「認証アーキビスト」について、政府が中央省庁での活用策を決めていないことが分かったとしています。

「検討することを検討する」と玉城デニー知事 沖縄県の公文書管理条例を作るかを問われ

『沖縄タイムス』のサイトの2021年5月7日付の記事です。 https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/749592 米軍普天間飛行場の返還や新基地建設などの政策決定を巡り、歴代4県政で会議録やメモが残っていなかった問題で、玉城デニー知事は「公文書管理と…

普天間・辺野古、沖縄県の議事録なし 元知事「記録は取っていなかった」 4県政の“決定過程” 残らず

『沖縄タイムス』のサイトの2021年5月4日付の記事です。 https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/748446 沖縄県の米軍普天間飛行場の返還と辺野古の新基地建設を巡り、大田昌秀、稲嶺恵一、仲井真弘多、翁長雄志の4県政を通じて、知事が出席する庁議や…

JIIMAウェビナー2021【6/1-14】

標記のセミナーが開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、日本文書情報マネジメント協会のサイトをご参照ください。 https://www.jiima.or.jp/jiima_webinar2021_entry/ 日時 2021年6月1日(火)~14日(月) 6月1日(火)の10:00 から配信 …

記録管理学会2021年研究大会「記録管理を実践する! ~記録管理のレベルアップを図る~」【5/29-30】

標記の大会が開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、記録管理学会のサイトをご参照ください。 https://www.rmsj.jp/ 大会テーマ:記録管理を実践する! ~記録管理のレベルアップを図る~ 第1日目 :2021年5月29日(土) 特別講演 15:00…

2021年度信濃史学会シンポジウム「公文書と地域資料の保全」【5/22】

標記のシンポジウムが開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、信濃史学会のサイトをご参照ください。 https://www.shinano-shigakukai.jp/news/detail.aspx?id=317 日時 2021年5月22日(土) 13:00~16:30 会場 松本市中央公民館(Mウィン…

電子管理化で初会合 公文書ワーキンググループ

時事通信のサイトの2021年4月23日付の記事です。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2021042301247&g=pol 公文書管理委員会デジタルワーキンググループ(WG)の初会合が開かれたそうです。

公文書作成の義務化進まず 沖縄県文化振興会が調査 36市町村で「規定なし」

『琉球新報』のサイトの2021年4月14日付の記事です。 https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1304404.html 沖縄県内全41市町村のうち36自治体で、公文書の作成を義務付ける規定がないそうです。

「令和」墨書、公文書館に移管 一般公開も検討

時事通信のサイトの2021年4月8日付の記事です。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2021040700876&g=pol 新元号発表の際、官房長官だった菅義偉首相が掲げた「令和」の墨書が、国立公文書館へ移管されていたそうです。

コロナ議事録、義務付けず 「歴史的事態」対象 政府の15会議

『毎日新聞』のサイトの2021年4月4日付の記事です。 https://mainichi.jp/articles/20210404/ddp/001/040/001000c 政府が新型コロナウイルスへの対応を「歴史的緊急事態」に指定したことに伴い、公文書の作成・保存を徹底する対象とした会議19件のうち、発…

玉串料訴訟の記録「廃棄済み」→「あった」 地裁が一転

朝日新聞デジタルの2021年4月3日付の記事です。 https://www.asahi.com/articles/ASP427HTGP42PTLC00Y.html 松山地裁は、愛媛玉串料訴訟の事件記録の発見を公表し、原則的に永久保存となる特別保存の対象とする方針を明らかにしたそうです。

「世界の記憶」慰安婦資料は凍結濃厚 改革案判明…加盟国の阻止可能に

『産経新聞』のサイトの2021年4月1日付の記事です。 https://www.sankei.com/world/news/210401/wor2104010023-n1.html ユネスコは、「世界の記憶」(世界記憶遺産)の制度改革案をまとめ、登録申請を約5年ぶりに再開することを決める見通しだそうです。

日本アーカイブズ学会2021年度大会【4/24-25】

標記の大会が開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、日本アーカイブズ学会のサイトをご参照ください。 http://www.jsas.info/?p=1710 日程 2021年4月24日(土) 13:00~15:00 総会(会員のみ) 15:15~16:30 大会講演会 2021年4月25日(日…

デジタルアーカイブ学会第6回研究大会第1部【4/23-24】

標記の研究大会が開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、デジタルアーカイブ学会のサイトをご参照ください。 http://digitalarchivejapan.org/kenkyutaikai/6th 日時: 2021 年 4 月 23 日 (金) ~ 24 日 (土) (なお企画セッションはサテラ…

県文書館職員2人が認証アーキビストに 古文書管理に力

朝日新聞デジタルの2021年3月31日付の記事です。 https://www.asahi.com/articles/ASP3Z6THGP35PISC01J.html 国立公文書館が創設した「認証アーキビスト」に、福井県文書館職員が認証されたという内容です。

災害関連死の審査議事録保存どうする? 検証には不可欠

『毎日新聞』のサイトの2021年3月27日付の記事です。 https://mainichi.jp/articles/20210327/k00/00m/040/170000c 東日本大震災を受け、災害関連死を認定する審査委員会を設置した岩手、宮城、福島県内の29自治体のうち、仙台市など5自治体が保存期限を過ぎ…