Daily Searchivist

記録管理、文書管理、公文書館、アーカイブ、アーカイブズ... 今注目のキーワードを読み解くための最新情報を厳選してお伝えします。

アートコンテンツ活用シンポジウム「デジタルアーカイブで拓くアートの未来」【12/23】

標記のシンポジウムが開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、デジタルアーカイブ学会のサイトをご参照ください。
http://digitalarchivejapan.org/4005

日時:2019年12月23日(月)午後1時半~4時半
場所:東京大学本郷キャンパスダイワユビキタス学術研究館石橋信夫記念ホール(春日門からすぐです)
プログラム
1.我が国のアートコンテンツ発信・利用に関わる現状と問題点(10分):13:30-13:40
 青柳正規(アート活用懇談会座長)
2.アート活用懇談会提言の概要(20分)13:40-14:00
 柳与志夫(東京大学特任教授)
3.パネルディスカッション(80分)14:00-16:20
「アートコンテンツ活用の将来像:その課題と解決の方向性」
<パネリスト>
 川口雅子(国立西洋美術館情報資料室長)
 高野明彦(国立情報学研究所教授)
 玉置泰紀(KADOKAWA 2021年室エグゼクティブプロデューサー)
 田良島哲(東京国立博物館特任研究員)
 森本公穣(東大寺執事)
 吉見俊哉(東京大学教授):司会
4.今後の取組について(10分):16:20-16:30
 太下義之(国立美術館理事)
参加方法
1.定員:125名
2.聴講無料
主催:アート活用懇談会
協力:東京大学大学院情報学環吉見研究室・DNP学術電子コンテンツ研究寄付講座
協賛:デジタルアーカイブ推進コンソーシアム(DAPCON)
後援:デジタルアーカイブ学会

臨時国会閉会 名簿廃棄、公文書管理の指針違反 公文書ガイドライン改定を審議した三宅弘弁護士に聞く

『毎日新聞』のサイトの2019年12月10日付の記事です。
https://mainichi.jp/articles/20191210/ddm/003/010/088000c
桜を見る会の招待者名簿の廃棄について、「そもそも、名簿の保存期間が「1年未満」とされていることが問題だ」としています。
他紙にも関連する記事が掲載されました。

デジタル公文書、扱い課題 「桜を見る会」で浮上 データ急拡大、法の想定超す
(『日本経済新聞』のサイトの2019年12月8日付の記事)
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO53093130X01C19A2EA3000/?n_cid=SPTMG053
臨時国会閉幕 正面から疑念に答えよ
(『秋田魁新報』のサイトの2019年12月10日付の社説)
https://www.sakigake.jp/news/article/20191210AK0010/
余録
(『毎日新聞』のサイトの2019年12月10日付のコラム)
https://mainichi.jp/articles/20191210/ddm/001/070/166000c
越山若水
(『福井新聞』のサイトの2019年12月11日付のコラム)
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/990715
桜名簿「復元しないのは違法」 元公文書管理委の弁護士指摘
(『東京新聞』のサイトの2019年12月12日付の記事)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201912/CK2019121202000120.html
安倍政権 道理失う ご都合主義
(朝日新聞デジタルの2019年12月13日付の社説)
https://www.asahi.com/articles/DA3S14292510.html
「全ての行政文書の永久保存考えず」 政府答弁書
(『日本経済新聞』のサイトの2019年12月13日付の記事)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53305990T11C19A2EA3000/
桜を見る会巡る疑惑 不問に付してはならない
(『琉球新報』のサイトの2019年12月13日付の社説)
https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-1041344.html

行政文書が大量流出 納税記録などのHDD転売

朝日新聞デジタルの2019年12月6日付の記事です。
https://www.asahi.com/articles/ASMD57WSXMD5UTIL065.html
納税などに関する大量の個人情報や秘密情報を含む神奈川県庁の行政文書が蓄積されたハードディスク(HDD)が、ネットオークションを通じて転売され、流出していたそうです。
他紙にも関連する記事が掲載されました。

データ廃棄、委託に課題も 総務省、指針で「復元不能」要請―神奈川県文書流出
(時事通信のサイトの2019年12月7日付の記事)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019120601029&g=pol
データ大量流出 管理体制が甘過ぎる
(『東京新聞』のサイトの2019年12月11日付の社説)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2019121102000176.html

企業、不要情報廃棄の流れ 個人データ流出を懸念

『日本経済新聞』のサイトの2019年12月8日付の記事です。
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO53096240X01C19A2EA3000/
米国国立公文書記録管理局(NARA)が、メールを自動的に保存する「キャップストーン・アプローチ」と呼ぶシステムを導入したことを取り上げています。

台風浸水、26万点中3万点が無事 川崎のミュージアム

朝日新聞デジタルの2019年12月6日付の記事です。
https://www.asahi.com/articles/ASMD55FY4MD5ULOB00P.html
台風19号で地下の収蔵庫が浸水した川崎市市民ミュージアムでは、国立美術館など文化遺産防災ネットワーク推進会議の6団体や東京大学史料編纂所など計12団体の支援を得て、浸水した収蔵庫から収蔵品を運び出して応急処置などをする「レスキュー活動」を続けているそうです。

映像は、未来を見通すための文化財だ 全番組を保管するフランスの発想

朝日新聞GLOBE+の2019年12月6日付の記事です。
https://globe.asahi.com/article/12936622
フランス国内で放送されるすべてのコンテンツを集め、保管する世界最大級の放送アーカイブ「国立視聴覚研究所」(INA)を取り上げています。

アトムにナウシカ……マンガ・アニメ原画が海外で1枚3500万円の落札も――文化資料の流出どう防ぐ

ITmediaビジネスの2019年12月5日付の記事です。
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1912/05/news030.html
日本のマンガ原画やアニメのセル画が、海外のオークションで高額取引されているそうです。

公文書、桜も森友も加計も廃棄 保存1年未満 真相解明阻む

『東京新聞』のサイトの2019年12月8日付の記事です。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201912/CK2019120802000131.html
安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡り、公文書管理の在り方が問題となっている、としています。
他紙にも関連する記事が掲載されました。

桜を見る会 「首相枠」追及阻む廃棄 公文書管理また壁に
(『毎日新聞』のサイトの2019年11月29日付の記事)
https://mainichi.jp/articles/20191129/ddm/041/010/074000c
桜を見る会 公文書管理 教訓どこへ
(朝日新聞デジタルの2019年11月30日付の社説)
https://www.asahi.com/articles/DA3S14276768.html
首相、桜見る会名簿の保存期間見直しへ 参院本会議
(『産経新聞』のサイトの2019年12月2日付の記事)
https://www.sankei.com/politics/news/191202/plt1912020013-n1.html
「バックアップは行政文書」 専門家が菅氏の説明批判
(朝日新聞デジタルの2019年12月4日付の記事)
https://www.asahi.com/articles/ASMD45FJ7MD4UTFK00Y.html
行政文書の保存表、10月に記述変更 政府
(時事通信のサイトの2019年12月4日付の記事)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019120401161&g=pol
桜を見る会名簿、外部媒体に 「廃棄」答弁時データ存在
(『毎日新聞』のサイトの2019年12月4日付の記事)
https://mainichi.jp/articles/20191204/ddm/001/010/135000c
「議事録は最も基本的な資料」記録の重要性訴える菅氏の著作が話題に
(『毎日新聞』のサイトの2019年12月5日付の記事)
https://mainichi.jp/articles/20191205/k00/00m/010/010000c
「筋通らない」専門家指摘 「行政文書前提」の政府見解
(朝日新聞デジタルの2019年12月5日付の記事)
https://www.asahi.com/articles/ASMD56SM2MD5UTFK01P.html
菅氏、災害後復元なら「公文書」 データの扱い巡り
(共同通信のサイトの2019年12月5日付の記事)
https://this.kiji.is/575250876131263585?c=39546741839462401
桜見る会の名簿 公文書破棄は国民軽視だ
(『信濃毎日新聞』のサイトの2019年12月6日付の社説)
https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20191206/KT191205ETI090006000.php
桜見る会の名簿廃棄に市民ら危惧 情報公開NPOがシンポ
(共同通信のサイトの2019年12月7日付の記事)
https://this.kiji.is/575995769823216737?c=39546741839462401
桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず
(『毎日新聞』のサイトの2019年12月8日付の記事)
https://mainichi.jp/articles/20191208/k00/00m/010/015000c

学校資料どう残す 高知県内の事例から

『高知新聞』のサイトの2019年12月の連載記事です。
(1)明治以降の日誌廃棄(2019年12月2日付)
https://www.kochinews.co.jp/article/328439/
(2)軍と学校 関わり散見(2019年12月3日付)
https://www.kochinews.co.jp/article/328698/
(3)図書館に託された日誌(2019年12月4日付)
https://www.kochinews.co.jp/article/329021/
(4)泥まみれの日誌修復(2019年12月5日付)
https://www.kochinews.co.jp/article/329313/
(5=終)文集に生活の記憶(2019年12月6日付)
https://www.kochinews.co.jp/article/329615/

東京大学史料編纂所の助教公募

東京大学史料編纂所が、特任助教1名を公募しています。
業務内容は以下の通りです。

日本史を主とする人文学分野の(1)データアーカイブ機能の強化、(2)海外発信・連携機能の強化、(3)データ間の連携を可能にする環境整備に関わる委託事業(人文学・社会科学データインフラ構築推進拠点事業)において、事業および関連データ・情報システムの運営・管理等において中核的な役割を担っていただきます。

応募資格は以下の通りです。

博士の学位取得または取得見込みの方。出身分野は問いませんが、歴史もしくは人文情報学を専門とする方、もしくは歴史系教育研究機関での実務経験がある方、さらにまた、科研費等の外部研究資金もしくは各種委託事業の管理経験を有する方が望まれます。

応募締切は令和元(2019)年12月16日です。
詳しくは、同所のサイトをご参照ください。
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/news/2019/koubo_201912.html

九州大学大学文書館の准教授公募

九州大学大学文書館が、教員(准教授)1名を公募しています。
業務内容は以下の通りです。

大学文書館で取り組む以下の業務及びその関連業務
・大学及び大学の歴史に関する調査研究、及び研究成果の国内・国外への発信
・九州大学に関わる法人文書等の資料の評価・選別、収集、整理、保存、公開
・資料の学生、職員その他一般の資料利用及び展示に関する業務
・基幹教育等における大学論・大学史に関する授業、及び大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻における教育及び研究指導
・『九州大学125年史』の企画・立案、その他デジタルアーカイブの構築等、大学資料に関する業務

応募資格は以下の通りです。

次の要件を満たしていること
(1)博士の学位を有する、または着任時までに取得見込みであること。
(2)大学史またはアーカイブズ学に関する調査研究の業績があること。
(3)資料保存機関において、資料の収集、整理、保存及び公開等に関する業務に着任時までに通算3年以上従事した経験(非正規を含む、アルバイト不可)があること。
(4)12のうちいずれかを満たすこと。
 1高等教育機関における教育実績があること(非常勤を含む)。
 2自治体史、学校・企業・団体等の歴史編集業務に携わった経験(非正規を含む、アルバイト不可)があること。
(5)国籍は問わないが、上記業務内容を遂行するに足る日本語能力を有すること。

応募締切は令和2年1月7日です。
詳しくは、同大学のサイトをご参照ください。
http://kobo.jimu.kyushu-u.ac.jp/

VRやアーカイブ 首里城再建、デジタル技術を生かせ

『日本経済新聞』のサイトの2019年11月29日付の記事です。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52782330Z21C19A1ACYZ00/
火災で焼失した首里城(沖縄県那覇市)の再建を支援すべく、市民から集めた写真や画像データを使って首里城を3次元(3D)モデルで復元し観光資源に活用したり、関係資料や証言を集めてデジタルアーカイブとして保存したりする取り組みが広がり始めたそうです。

第7回公害資料館連携フォーラムin倉敷「環になって語ろう!公害資料館の”わ”」【12/13-15】

標記のフォーラムが開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、主催者のサイトをご参照ください。
http://kougai.info/forum

日時:2019年12月13-15日(金-日)
会場:川崎医療福祉大学
内容
フィールドワーク(12/13 13-17時(予定))
 水島の今(定員30名)
 鷲羽山スカイライン水島展望台(鴨が辻)→JFEスチール(株)西日本製鉄所工場見学と産業医のレクチャー→倉敷市環境学習センター・監視センター
 案内:(公財)水島地域環境再生財団
ナイトクルーズ(12/13 17:30-18:30(予定))
 水島コンビナートナイトクルーズ(定員25名)
 案内:みずしま滞在型環境学習コンソーシアム
基調講演 (12/14 13-15時)
「学びを基点とした地域づくり、人づくり~人は物語を生きる動物~」
 船木 成記 (ふなき しげのり)さん
 尼崎市顧問、長野県参与、地球環境パートナーシッププラザ運営委員、高知大学客員教授、(一社)つながりのデザイン代表理事
分科会 12/14(土)
分科会14-1[公害入門]公害に携わった医師の話を聞く
 ゲスト 里見 和彦さん(総合病院水島協同病院)
 担当委員 大槻 剛巳(川崎医科大学)
分科会14-2[地域づくり]多様な主体との協働による公害地域再生をどう進めるか?
 ゲスト 塩飽 敏史さん((公財)水島地域環境再生財団)
 山崎 陽さん((一社)あがのがわ環境学舎)
 担当委員 岩淵 泰(岡山大学地域総合研究センター)
 川中 大輔(龍谷大学)
 原田 利恵(国立水俣病総合研究センター)
分科会14-3 [教育1]土呂久公害の経験を伝える
 ゲスト 川原 一之さん(土呂久の記録者)
 岩佐 礼子さん(あまべ文化研究所)
 担当委員 安藤 聡彦(埼玉大学)
 高田 研(都留文科大学)
分科会 12/15(日)
分科会15-1[資料]岡山・倉敷における公害資料の現状と課題
 ゲスト 森 久美さん((公財)水島地域環境再生財団)
 杉山 一雄さん(岡山県立記録資料館)
 担当委員 平野 泉(立教大学共生社会研究センター)
 小田 康徳(西淀川・公害と環境資料館)
 蜂谷 紀之(国立水俣病総合研究センター)
分科会15-2[企業]倉敷市水島における2つの“和解”を考える~公害裁判から協働にむけて~
 ゲスト 岩永 隆久さん(元JXTGエネルギー(株))
 太田 映知さん(倉敷市公害患者と家族の会)
 担当委員 五十嵐 実(日本自然環境専門学校)
 藤原 園子((公財)水島地域環境再生財団)
 清水 万由子(龍谷大学)
 岩淵 泰(岡山大学地域総合研究センター)
分科会15-3[教育2]岡山のNPOによるESDとしての環境学習の授業実践
 ゲスト 竹島 潤さん(岡山大学附属中学校教諭/NPO法人国際協力研究所・岡山(ICOI))
 阿部 友彦さん(岡山市立高松中学校教諭/NPO法人国際協力研究所・岡山(ICOI))
 担当委員 高田 研(都留文科大学)
参加費
 フィールドワーク参加費 4,000円
 ナイトクルーズ参加費  2,000円
 フォーラム参加費(2日間とおして) 会員4,000円 非会員5,000円 学生1,000円
 交流会参加費 4,000円

ふくしまを伝える アーカイブフォーラム2019【12/8】

標記のフォーラムが開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、福島県のサイトをご参照ください。
https://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/forum2019.html

主催 福島県
後援 復興庁、経済産業省、福島県市長会、福島県町村会、公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構
日時 令和元12月8日(日曜日) 13時30分~15時30分
会場 Jヴィレッジホール
 (双葉郡楢葉町山田岡美シ森8 Jヴィレッジホテル内)
定員 200名 キャンセル待ち対応は行いません。
参加申し込みについて
 期間 令和元年12月4日(水曜日)17時まで