Daily Searchivist

記録管理、文書管理、公文書館、アーカイブ、アーカイブズ... 今注目のキーワードを読み解くための最新情報を厳選してお伝えします。

令和3年度全国公共図書館研究集会(サービス部門 総合・経営部門)「デジタルアーカイブの構築と活用法」【11/25-12/9】

標記の研究集会が開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、福岡県立図書館のサイトをご参照ください。
https://www2.lib.pref.fukuoka.jp/index.php?page_id=1035

主催
 公益社団法人日本図書館協会公共図書館部会
 福岡県教育委員会
 福岡県公共図書館等協議会
 福岡県図書館協会
主管 福岡県立図書館
対象 全国の公共図書館及び関係機関の職員、学校及び教育委員会の関係者、図書館活動の関係者並びに図書館に関心のある方
配信予定期間・方法
 令和3年11月25日(木)~令和3年12月9日(木)(YouTubeによる動画配信)
内容
情勢報告 公益社団法人日本図書館協会
 理事長 植松 貞夫 氏
基調講演 「デジタルアーカイブと図書館サービスの新段階」
 慶應義塾大学文学部 准教授 福島 幸宏 氏
調査報告 「新型コロナウイルス感染症の図書館対応状況について」
 青山学院大学コミュニティ人間科学部 教授 大谷 康晴 氏
事例発表1「とっとりデジタルコレクション」の取組み
 -他機関との連携による地域資料の公開-
 鳥取県立図書館 資料課長 野沢 敦 氏
事例発表2「瀬戸内市民図書館のデジタルアーカイブについて」
 瀬戸内市民図書館 館長 村上 岳 氏
事例発表3「田川市立図書館のデジタルアーカイブについて」
 -「筑豊・田川デジタルアーカイブ」の活用と持続可能な学び活動-
 田川郷土研究会 会長 中野 直毅 氏
参 加 費:無料
定 員:なし

デジタルドキュメント 2021 ウェビナー「デジタルファースト時代の情報マネジメント~令和3年度電帳法対応・ニューノーマル時代を見据えた組織のDX戦略~」【11/15-30】

標記のウェビナーが開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、日本文書情報マネジメント協会のサイトをご参照ください。
https://www.jiima.or.jp/seminar/dd2021_webinar_entry/

日時 2021年11月15日(月)~30日(火)
 開催初日の10:00 から最終日17:00 まで
開催方式 オンデマンド動画配信
受講料 無料
 イベントへの参加には来場登録が必要です。
基調・特別講演
基調講演 デジタル社会とデジタルトランスフォーメーションを支える文書情報マネジメント
 公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会理事長 勝丸 泰志
特別講演 改正電子帳簿保存法に関する実務上の留意点
 国税庁課税部 課税総括課課長補佐 長内 泰祐 氏
特別講演 令和3年度改正 電子帳簿保存法におけるタイムスタンプ関連要件の変更内容解説
 トラストサービス推進フォーラム普及促進WG主査 上田 祐輔 氏
特別講演 令和3年度電帳法対応 JIIMA認証 及び e文書法電子化早わかり改訂について
 法務委員会委員 猪俣 智子
スポンサー講演(五十音順)
あなたのPDFは大丈夫?正しく理解しておきたい、文書のデジタル化とは。
 アドビ株式会社インストラクター/ジェネラリスト 大倉 壽子 氏
文書管理の検討ポイント~3つの視点から考える~
 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社文書情報管理士 馬場 貴志 氏
クラウドですぐに導入!電子取引データや書類の電子保存を簡単・スモールスタート
 株式会社インテック
(2022年1月施行)電帳法改正を好機に!電子化による実践的な対応方法と企業DXへの歩み
 株式会社インフォマート事業推進・戦略営業事業推進2部部長 源栄 公平 氏
法令改正でも困らない文書管理とは?~社内規程、重要文書管理、システム全般~
 NECネッツエスアイ株式会社課長 赤山 啓介 氏
電子帳簿保存法やインボイス制度を見据えた業務のデジタル化とは
 株式会社NTTデータ・ビズインテグラル 谷口 恭平 氏
 ウイングアーク1st株式会社 直江 優 氏
令和3年度電子帳簿保存対応!経費精算とワークフローでバックオフィスの業務改革
 パナソニック ネットソリューションズ株式会社 植野 萌美 氏
2022~2023年に向けて押さえておくべきバックオフィスシステムのトレンド
 ピー・シー・エー株式会社事業戦略部プロダクトマーケティングセンター係長 浦川 貴成 氏
知っておきたい!令和4年1月 電子帳簿保存法の改正のポイントとその対応
 富士フイルムビジネスイノベーション株式会社 植松 航志 氏
ベストプラクティス賞受賞事例
コーポレートカードの全社導入と経費精算システムによる営業のDX化を実現
 エプソン販売株式会社取締役 伊藤 利彦 氏
株式会社JTBにおける証憑類の電子保存化(電子帳簿保存法対応)と関連業務の効率化
 株式会社JTB地域ソリューション事業部企画・開発推進チームマネージャー 三村 堅太 氏
PsafeVIEWによる学園報ペーパーレス化とセキュリティ(二次利用防止)の共存
 学校法人 大東文化学園 小笹 太郎・下野 祐輝・関屋 幸太 氏
委員会ナレッジセミナー
測定機器データの長期保存と互換性確保のための方法の確立と、その課題への取組み
 公益社団法人日本文書情報マネジメント協会R&Dデータ保存委員会委員長 上原 小百合
デジタル時代の文書情報管理業務についての提言
 公益社団法人日本文書情報マネジメント協会DXコンセプト立案委員会委員長 石井 昭紀
電子取引に関係するトラストの政策動向と電子契約活用ガイドラインの改訂ポイント
 公益社団法人日本文書情報マネジメント協会電子取引委員会委員長 西山 晃
電子取引、インボイス制度を支えるISO19475
 公益社団法人日本文書情報マネジメント協会標準化戦略委員会委員長 伊藤 泰樹
文書情報管理委員会 活動報告~文書情報流通基盤WG/文書管理達成度評価WG~
 公益社団法人日本文書情報マネジメント協会文書情報管理委員会委員長 馬場 貴志

記録管理学会第171回例会「公文書管理の改善を目指し、認証アーキビストが取り組むべき展望」【11/13】

標記の例会が開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、記録管理学会のサイトをご参照ください。
https://www.rmsj.jp/

開催日時:2021年11月13日(土)14:00~16:30(含 質疑応答)
開催方法: オンライン方式(Zoom形式)
主 催:記録管理学会
後 援:ARMA東京支部、全史料協、日本アーカイブズ学会(依頼予定)
参加費 会員・非会員とも無料
パネリスト
・蓮沼素子 氏(大仙市アーカイブズ)
・青木弥保 氏(安曇野市教育委員会文化課博物館係)
・大月英雄 氏(滋賀県立公文書館)
モデレータ 三輪宗弘理事

トランプ氏が議事堂襲撃調査委など提訴、大統領特権による記録の秘密保持求め

CNN日本語版サイトの2021年10月19日付の記事です。
https://www.cnn.co.jp/usa/35178226.html
トランプ前アメリカ大統領は、米議会議事堂襲撃事件を調査する下院特別委員会と国立公文書館を相手取り、大統領特権による前政権時代の記録の秘密保持を求めて提訴したそうです。

米軍の情報戦略の光と影 写真1万枚、沖縄県公文書館が入手・公開

朝日新聞デジタルの2021年10月17日付の記事です。
https://www.asahi.com/articles/ASPBJ5K8BPB5TPOB003.html
戦後20年余り沖縄を統治していた「琉球列島米国民政府」(USCAR(ユースカー))の「広報用」写真約1万枚を沖縄県公文書館が入手し、ネットで公開しているそうです。

松川事件を世界記憶遺産に再申請 福島大「冤罪防止に生かして」

『河北新報』のサイトの2021年10月16日付の記事です。
https://kahoku.news/articles/20211016khn000025.html
松川事件の関連資料について、福島大学はユネスコの「世界の記憶」への登録を目指し、2017年に続き再申請したそうです。

よみがえる南米移民の肉声 大城立裕さん「ノロエステ鉄道」の基盤に 20日から公開

『琉球新報』のサイトの2021年10月16日付の記事です。
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1408404.html
沖縄初の芥川賞作家・大城立裕さんが、1973年と78年に県史編纂所長として南米などを訪れ、沖縄県系1世らに移民体験の聞き取り調査をした際の音源を活用する動きが始まっているそうです。

災害の記録、正式公開 県と信州大、アーカイブ活用期待

『中日新聞』のサイトの2021年10月14日付の記事です。
https://www.chunichi.co.jp/article/347094
2019年の台風19号災害の記録をデジタルデータとして保存する「デジタルアーカイブ」を、長野県と信州大学が共同で作成したそうです。

「公文書」適正な保管に向けルール探る 郡山市、指針作り着手

『福島民友新聞』のサイトの2021年10月14日付の記事です。
https://www.minyu-net.com/news/news/FM20211014-661369.php
福島県郡山市は、資料として価値が高い公文書の適正な保管に向け、選別の方法や保管期限に関する指針作りに着手したそうです。

原爆文学5点、記憶遺産へ15日申請 広島市と市民団体

『中国新聞』のサイトの2021年10月14日付の記事です。
https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=800414&comment_sub_id=0&category_id=112
「広島文学資料保全の会」は、原爆詩人・峠三吉たち被爆作家3人の日記や手帳など5点を、ユネスコの「世界の記憶」(世界記憶遺産)登録に向けて広島市と共同申請するそうです。

古文書「くずし字」、アマチュア参加で現代の活字に…史料解読の一助に

『読売新聞』のサイトの2021年10月11日付の記事です。
https://www.yomiuri.co.jp/culture/20211007-OYT8T50007/
国立歴史民俗博物館の橋本雄太助教は、誰もが気軽に参加できる古文書翻刻の専用ウェブサイトを開発し、インターネット上に公開しているそうです。

膨れる震災記録...どう残すか 12市町村、大量の蓄積文書保全へ 

『福島民友新聞』のサイトの2021年10月10日付の記事です。
https://www.minyu-net.com/news/sinsai/serial/1007/FM20211010-660653.php
東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から10年半が経過し、自治体に蓄積されている大量の「震災文書」を保全する上での課題を取り上げています。