Daily Searchivist

記録管理、文書管理、公文書館、アーカイブ、アーカイブズ... 今注目のキーワードを読み解くための最新情報を厳選してお伝えします。

編成記述

「崩し字」をAIが画像解読 立命館大教授ら 全国初の高精度システム

SankeiBizの2019年5月15日付の記事です。 https://www.sankeibiz.jp/business/news/190515/bsj1905150500001-n1.htm 古文書や浮世絵などに書かれた「崩し字」を人工知能(AI)が画像から解読するシステムを、立命館大学文学部の赤間亮教授らのチームが、凸…

2019年度アート・ドキュメンテーション学会年次大会【6/8-9】

標記の大会が開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、アート・ドキュメンテーション学会のサイトをご参照ください。 http://www.jads.org/news/2019/20190608-09.html 日時:2019年6月8日(土)、9日(日) 6月8日(土) 13:00~16:30(12:3…

日本図書館研究会情報組織化研究グループ2019年5月月例研究会「個人コレクションの組織化 ――図書館の中のアーカイブズについて考える」【5/11】

標記の研究会が開催されます。 参加申し込みは不要です。 詳しくは、主催者のサイトをご参照ください。 http://josoken.digick.jp/meeting/news.html#201905 日時:2019年5月11日(土) 14:30~17:00 会場:エル・おおさか 南館7階「南72」(本館と南館があ…

日本アーカイブズ学会2019年度大会【4/20-21】

標記の大会が開催されます。 参加申し込みは不要です。 詳しくは、日本アーカイブズ学会のサイトをご参照ください。 http://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=331 期日 2019年4月20日(土)・21日(日) 会場 学習院大学 南3号館(JR山手線目…

皇族の貴重な資料、デジタル化へ 皇学館大学

朝日新聞デジタルの2019年3月15日付の記事です。 https://www.asahi.com/articles/ASM3F2T7DM3FONFB001.html 伊勢神宮や皇族に関する資料を多数所蔵する皇学館大学が、国文学研究資料館の「新日本古典籍総合データベース」で資料の公開を始め、20年度中に…

2018年度アーカイブズカレッジ修了論文報告会【3/16】

標記の研究会が開催されます。 参加申し込みは不要です。 詳しくは、主催者のサイトをご参照ください。 http://samidare.jp/archives/note?p=log&lid=466321 日時:2019年3月16日(土) 13:00~17:00 場所:学習院大学 目白キャンパス 中央教育研究棟401教室 …

ジャパンサーチ試験版 一般公開

『毎日新聞』のサイトの2019年2月27日付の記事です。 https://mainichi.jp/articles/20190227/k00/00m/020/221000c 国立国会図書館や国立公文書館などの所蔵資料のデータベースを連結し、インターネットを使った一括検索やビジネスへの活用を目的に政府が構…

奈文研 木簡情報、お手元へ 一般公開 データベース改良でダウンロード可能に /奈良

『毎日新聞』のサイトの2019年2月20日付の記事です。 https://mainichi.jp/articles/20190220/ddl/k29/040/510000c 奈良文化財研究所は、木簡の情報を網羅的に蓄積した国内唯一のデータベース「木簡庫」を改良し、テキストデータのダウンロードに対応したそ…

デジタルアーカイブ学会第 3 回研究大会【3/15-16】

標記の研究大会が開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、デジタルアーカイブ学会のサイトをご参照ください。 http://digitalarchivejapan.org/kenkyutaikai/3rd 日時 2019年3月15日 (金)~16日 (土) 会場 京都大学吉田キャンパス 総合研究…

セミナー「写真フィルムのデジタルアーカイブ― デジタル化による利用・検索の可能性―」【2/6】

標記のセミナーが開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、日本写真家協会のサイトをご参照ください。 http://www.jps.gr.jp/20180206/ page2019 オープンイベント「日本写真保存センター」セミナー 写真フィルムのデジタルアーカイブ― デジ…

対馬宗家文書をネット共有へ 全国10万点をDB化 長崎大教授ら

『西日本新聞』のサイトの2019年1月8日付の記事です。 https://www.nishinippon.co.jp/nnp/culture/article/477773/ 対馬藩の記録「宗家文書」について、長崎大学の木村直樹教授(日本近世史)らの研究チームがインターネット上で一括閲覧できるデータベース…

外交史料館で国書・親書のネット検索サービス開始

産経ニュースの2018年12月12日付の記事です。 https://www.sankei.com/politics/news/181212/plt1812120021-n1.html 外務省は、外交史料館が所蔵する幕末から大正期までの国書・親書をインターネットで検索できるサービスを始めたそうです。

山形 古文書調査にドリームチーム、調査続け11回目

朝日新聞デジタルの2018年11月22日付の記事です。 https://www.asahi.com/articles/ASLCH0PGVLCGUZHB011.html 山形県遊佐町の旧家・菅原家に保存されている中世から近現代までの古文書を分類・整理・保存するプロジェクトについて取り上げています。

第6回公害資料館連携フォーラムin東京【12/14-16】

標記のフォーラムが開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、専用サイトをご参照ください。 http://kougai.info/forum みんなSDGsに繋がっているよ!公害資料館の”わ” 日時:2018年12月14-16日(金-日) 会場:法政大学多摩キャンパス内容 フ…

地域歴史文化大学フォーラム「大学間連携の展望―歴史文化資料保全ネットワーク事業の役割―」【12/9】

標記のフォーラムが開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、神戸大学大学院人文学研究科地域連携センターのサイトをご参照ください。 http://www.lit.kobe-u.ac.jp/~area-c/osirase.html#181209 2018年12月9日(日)10:30〜15:30 会場:神戸…

史学を学ぶ明大生ら 古文書の索引作りに協力 町田市立自由民権資料館

『東京新聞』のサイトの2018年11月21日付の記事です。 http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201811/CK2018112102000117.html 明治大学の野尻泰弘専任准教授のゼミ生らが、東京都町田市立自由民権資料館の古文書の索引作りに協力しているそうです。

海外アーカイブ・ボランティアの会 活動報告会【11/26】

標記の研究会が開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、全国歴史資料保存利用機関連絡協議会のサイトをご参照ください。 http://jsai.jp/ibbs/b20181025.html テーマ UNHCRアーカイブの整理プロジェクト〜第11資料群第3シリーズ公開へ向けて…

第10回DAN(Digital Archive Network)ワークショップ【11/9】

標記のワークショップが開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、メタデータ基盤協議会のサイトをご参照ください。 http://www.mi3.or.jp/news/10.html 開催日時:2018年11月9日(金) 13時 〜 18時 (受付:12時30分より) ワークショップ終…

平成30年度 画像保存セミナー【10/26】

標記のセミナーが開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、日本写真学会のサイトをご参照ください。 http://www.spstj.org/event/nissya_e_syosai_189.html 開催日時 2018年10月26日(金)10:00〜16:30 開催場所 東京都写真美術館ホール 東京都…

戦国文書調査マニュアル

柴辻俊六. 戦国文書調査マニュアル. 戎光祥出版, 2017, 218p. 主な内容は以下の通りです。 第I章 "古文書"が語るもの 一、古文書の魅力に触れてみよう 二、くずし字を解読するには 三、複雑な伝来と文書群の移転 四、文書の原本へのアプローチ 第II章 事前の…

小学校の歴史資料を整理/鯵ケ沢

『陸奥新報』のサイトの2018年9月16日付の記事です。 http://www.mutusinpou.co.jp/news/2018/09/52664.html 青森県鯵ケ沢町教育委員会は弘前大学教育学部の協力を得て、同町の西海小学校に保管され、7年近く未整理のままとなっていた統合前の学校の資料整…

書籍・文化財一括検索できる新サイト…DB統合

YOMIURI ONLINEの2018年8月16日付の記事です。 https://www.yomiuri.co.jp/politics/20180815-OYT1T50180.html 政府は、国立国会図書館、国立博物館を運営する国立文化財機構、国立公文書館、国立美術館、公益財団法人「放送番組センター」など10以上のデ…

公文書クライシス 公文書名ぼかし解消へ 担当相「適正管理を徹底」

『毎日新聞』のサイトの2018年8月10日付の記事です。 https://mainichi.jp/articles/20180810/dde/041/010/033000c 省庁が保管する公文書ファイルに「会議関係書類」や「雑件」などと抽象的な名称が付けられ、外部から内容が分からない状態になっている問題…

全史料協近畿部会第146回例会「体験してみよう! よその現場 現場が変われば必要な技術も変わります」【8/18】

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会の近畿部会が、標記の例会を開催します。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、同部会のサイトをご参照ください。 http://jsai.jp/iinkai/kinki/kinki-top.html と き 平成30年8月18日(土) 13:30〜16:30 とこ…

歴史史料を解読 湖西市が「古文書整理会」

『中日新聞』のサイトの2018年7月12日付の記事です。 http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20180712/CK2018071202000039.html 静岡県湖西市では、静岡文化芸術大学の学生や市の古文書講座の受講生らが参加して「古文書整理会」を開き、データベース…

薄井家の文書整理 郡山地方史研究会、目録3000点作成

『福島民友』のサイトの2018年7月4日付の記事です。 http://www.minyu-net.com/news/news/FM20180704-285642.php 郡山地方史研究会は、福島県郡山市歴史資料館で、市の委託により毎年文書の目録作成に当たっているそうです。

社会・労働資料の整理ワークショップ【7/9】

標記のワークショップが開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、社会・労働関係資料センター連絡協議会のサイトをご参照ください。 https://sites.google.com/site/rodoshiryokyo/sokai/semina 日時:7月9日(月)13:30−16:45 場所:連合会…

国際シンポジウム「デジタル時代における人文学の学術基盤をめぐって」【7/6】

標記のシンポジウムが開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、主催者のサイトをご参照ください。 http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/kibans/sympo2018/ 2018年7月6日(金)13:30〜 会場 一橋講堂中会議場 〒100-0003 東京都 千代田区一ツ橋2丁…

茨城県立歴史館 公文書保存9万点 未整理資料の確認、補修

『茨城新聞』のサイトの2018年5月8日付の記事です。 http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15256965323610 茨城県立歴史館が所蔵する旧優生保護法関連文書の公表が遅れたのを受け、大井川和彦知事はより詳細なデータベース化を指示したそうです。

記録管理学会2018年研究大会【5/18-19】

記録管理学会が、今年の研究大会を開催します。 詳しくは、同会のサイトをご参照下さい。 https://www.rmsj.jp/ 大会テーマ:記録管理の研究・教育に関する現状と課題 〜大学における記録管理の動向:教育、調査研究:近畿大学を例として〜 期 日 : 2018 年…