Daily Searchivist

記録管理、文書管理、公文書館、アーカイブ、アーカイブズ... 今注目のキーワードを読み解くための最新情報を厳選してお伝えします。

自治体

記念館存続、二審も認めず 新渡戸稲造の史料展示

『産経新聞』のサイトの2019年7月10日付の記事です。 https://www.sankei.com/affairs/news/190710/afr1907100031-n1.html 青森県十和田市が、ゆかりのある新渡戸稲造の史料を展示する市立記念館を耐震強度不足のため条例で廃止処分とし、史料を所有する新渡…

沖縄県公文書館の公文書専門員募集

沖縄県文化振興会が、沖縄県公文書館で勤務する公文書専門員1名を募集しています。 職務内容は以下の通りです。 沖縄県公文書館の管理に関する次の業務 (1)公文書等の収集、整理及び保存に関すること (2)公文書等の閲覧、展示その他の利用に関すること (3)公…

豪雨でぬれた資料は早めの処置を 岡山県立記録資料館が講座で助言

『山陽新聞』のサイトの2019年6月30日付の記事です。 https://www.sanyonews.jp/article/913810 岡山県立記録資料館は、水損資料の応急処置法を学ぶ講座を開催したそうです。

犀桜小 学校歴史展示スペース 中央小 隣接の図書館にホール

『中日新聞』のサイトの2019年6月28日付の記事です。 https://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20190628/CK2019062802000057.html 石川県金沢市は、玉川こども図書館・公文書館を整備するそうです。

公文書 審議会で基準検討 県、廃棄・改ざん防止狙い

『信濃毎日新聞』のサイトの2019年6月27日付の記事です。 https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20190627/KT190626ATI090028000.php 長野県は、制定を目指している公文書管理条例について、意図的な公文書の廃棄や改ざんを防止するためのルールを、条例制…

シンポジウム「自治体史編纂の現状と課題」【7/6】

標記のシンポジウムが開催されます。 詳しくは、首都圏形成史研究会のサイトをご参照ください。 http://shutokenshi.org/activity/events-30/ 日時 2019(令和元)年7月6日(土) 13時30分~17時00分 会場 立正大学品川キャンパス 9号館地下一階 9B11教…

長島町が文書管理改革 住民サービスにも利点

『南日本新聞』のサイトの2019年6月17日付の記事です。 https://373news.com/_news/?storyid=106814 鹿児島県長島町が、公文書等を紙製の統一フォルダで管理し、保管場所を課ごとに集中して職員全員で共有する改革に取り組んでいるそうです。

千葉県 県立3図書館を統合、新館は青葉の森公園に

『日本経済新聞』のサイトの2019年6月14日付の記事です。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46122060U9A610C1L71000/ 千葉県は県立青葉の森公園に新たな図書館を建設し、県の行政文書や古文書を保管する県文書館の機能も新図書館に移管するそうです。

群馬県、新たな公文書条例 年度内制定の方針

『産経新聞』のサイトの2019年6月12日付の記事です。 https://www.sankei.com/region/news/190612/rgn1906120016-n1.html 群馬県は、新たに制定を検討している公文書を適正管理する条例について、令和元年度内の制定を目指す方針を示したそうです。

新1万円の「顔」PR ゆかりの北区が渋沢プロジェクト

『東京新聞』のサイトの2019年6月9日付の記事です。 https://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201906/CK2019060902000117.html 東京都北区が立ち上げた「区渋沢栄一プロジェクト」は、渋沢史料館を運営する公益財団法人渋沢栄一記念財団のほか、区内…

公文書条例制定に意欲 群馬知事「歴史的価値引き継ぐ」

『産経新聞』のサイトの2019年5月26日付の記事です。 https://www.sankei.com/region/news/190526/rgn1905260015-n1.html 群馬県が扱う公文書の保存について、大沢正明知事は新たに公文書管理条例を制定する意向を示したそうです。

横手市増田まんが美術館 漫画の価値を高める施設に

『産経新聞』のサイトの2019年5月8日付の記事です。 https://www.sankei.com/region/news/190508/rgn1905080026-n1.html 秋田県横手市で、国内随一の規模を誇る「横手市増田まんが美術館」がリニューアルされて開館したそうです。

農村の変化、3万枚の写真に 井上一郎さん作品をデジタル化

『秋田魁新報』のサイトの2019年5月1日付の記事です。 https://www.sakigake.jp/news/article/20190501AK0009/ 秋田県の大仙市アーカイブズは、同市内小友を拠点に農村部の写真を数多く残した写真家・井上一郎さんの作品約3万枚をデジタルデータ化している…

第24回史料保存利用問題シンポジウム「史料保存利用運動の再検証とアーカイブズの未来」【6/22】

標記のシンポジウムが開催されます。 参加申し込みは不要です。 詳しくは、日本歴史学協会のサイトをご参照ください。 http://www.nichirekikyo.com/symposium/symposium201906.html 主催:日本歴史学協会・日本学術会議史学委員会 日本学術会議史学委員会歴…

映像、写真で振り返る兵庫 ヒョーゴアーカイブス開設

『神戸新聞』のサイトの2019年4月9日付の記事です。 https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201904/0012226969.shtml 兵庫県は、保管している過去の映像や写真を公開するホームページ「ヒョーゴアーカイブス」を開設したそうです。

記録管理学会2019年研究大会【5/25-26】

標記の大会が開催されます。 詳しくは、記録管理学会のサイトをご参照ください。 https://www.rmsj.jp/ 日 時 : 2019年5月25日(土)、26日(日) 会 場 : 東京大学 柏キャンパス 2019年研究大会テーマ 記録管理学の理念と存在意義-電子化・デジタル化で記録…

県 公文書管理で意見公募 条例案 保存、廃棄を規定

『高知新聞』のサイトの2019年4月18日付の記事です。 https://www.kochinews.co.jp/article/270306/ 高知県の公文書管理条例案条例案によれば、重要な政策の決定過程が記録された文書などを「特定歴史公文書」と定義し、県立図書館跡に開館する予定の公文書…

文書管理適正化へ - 県、8月施行 関係規定を改正

『奈良新聞』のサイトの2019年4月14日付の記事です。 https://www.nara-np.co.jp/news/20190414094404.html 奈良県は、県で作成される行政文書の管理や情報公開事務の適正化を図るための改善策の第2弾として、関係規定や運用通知を改正し、文書作成基準や正…

文化芸術 手軽に検索 南砺市 アーカイブズHP開設 

『中日新聞』のサイトの2019年4月9日付の記事です。 https://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20190409/CK2019040902000031.html 富山県南砺市は、市内の文化財や獅子舞、祭りなどの文化芸術に関する情報をまとめた「南砺市文化芸術アーカイブズホームペ…

福岡共同公文書館の専門員募集

福岡共同公文書館が、専門員1名を募集しています。 職務内容は以下の通りです。 1歴史公文書の移管に関する県機関及び市町村との調整に関すること。 2歴史公文書の評価、選別に関すること。 3特定歴史公文書の内容登録に関すること。 4特定歴史公文書の…

注目の万葉集に触れて 江戸後期版本 県立文書館で展示開始

『上毛新聞』のサイトの2019年4月5日付の記事です。 https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/culture/122958 群馬県立文書館では、新元号の発表を受けて同館職員が所蔵史料を確認し、急きょ展示を決めたそうです。

家庭の「8ミリ」残そう 映像デジタル化、秋田美大など企画

『秋田魁新報』のサイトの2019年4月5日付の記事です。 https://www.sakigake.jp/news/article/20190405AK0001/ 秋田公立美術大学や秋田市、民間団体が、8ミリフィルムの収集と保存を目指すプロジェクトを企画し、県内の家庭に眠るフィルムを募集しているそ…

傷病兵カルテ1万人分保管、福岡 小倉陸軍、治療過程克明に

共同通信のサイトの2019年4月4日付の記事です。 https://this.kiji.is/486467848401831009?c=39546741839462401 第1次世界大戦ごろから太平洋戦争終戦直後までに小倉陸軍病院に入院した傷病兵約1万人分のカルテ「陸軍病床日誌」が、福岡県筑紫野市の福岡共同…

公文書管理条例と個人情報 /山形

『毎日新聞』のサイトの2019年4月4日付のコラムです。 http://mainichi.jp/articles/20190404/ddl/k06/070/043000c 満蒙開拓団実態調査資料の情報公開に関して、死者は個人情報保護法の対象外だが、山形県の条例には含まれていることについて論じています。

県、公文書を一元管理へ 19年度に条例案

『信濃毎日新聞』のサイトの2019年3月23日付の記事です。 https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20190323/KT190322ATI090047000.php 長野県は、公文書は個人管理とせず、基本的に電子化して一元管理するとともに、文書管理の専門職員(アーキビスト)を養…

日本アーカイブズ学会2019年度大会【4/20-21】

標記の大会が開催されます。 参加申し込みは不要です。 詳しくは、日本アーカイブズ学会のサイトをご参照ください。 http://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=331 期日 2019年4月20日(土)・21日(日) 会場 学習院大学 南3号館(JR山手線目…

青森県史の資料、ネット上での公開始まる

『東奥日報』のサイトの2019年3月21日付の記事です。 https://www.toonippo.co.jp/articles/-/167977 青森県は、刊行を終えた「青森県史」(全36巻)の編さん資料をデジタル化し、インターネット上で検索・閲覧できる「デジタルアーカイブス」の運用を始めた…

震災文書、10年保存を 管理条例求める 熊本市検討委

『熊本日日新聞』のサイトの2019年3月19日付の記事です。 https://this.kiji.is/480567155935790177?c=92619697908483575 熊本市の公文書管理について議論する有識者の検討委員会は、熊本地震関連の公文書(震災関連文書)を保存期限に関係なく、10年間廃…

震災公文書、電子化で保存も すでに廃棄の現状打破へ

朝日新聞デジタルの2019年3月11日付の記事です。 https://www.asahi.com/articles/ASM315FLRM31UNHB00X.html 東日本大震災で被災した市町村が、災害対応や復興の過程で作成した公文書やメモ類などの震災資料について、歴史的な価値があるとして、図書館で管…

旧優生保護法を問う 資料、閲覧審査基準に不備 検証委が指摘 /神奈川

『毎日新聞』のサイトの2019年3月8日付の記事です。 https://mainichi.jp/articles/20190308/ddl/k14/040/065000c 神奈川県立公文書館が保存する旧優生保護法関係資料について個人情報を伏せずに外部に閲覧させていた問題で、外部有識者らで構成する業務検証…