Daily Searchivist

記録管理、文書管理、公文書館、アーカイブ、アーカイブズ... 今注目のキーワードを読み解くための最新情報を厳選してお伝えします。

自治体

市民と対話重ねる文書館 尼崎、秋に博物館として再出発

『日本経済新聞』のサイトの2020年5月28日付の記事です。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59638080X20C20A5960E00/ 尼崎市立地域研究史料館は、45年の歴史に区切りを付けて尼崎市立歴史博物館に生まれ変わるそうです。

デジタルアーカイブでネット閲覧可能 滋賀県立公文書館開館

『毎日新聞』のサイトの2020年5月25日付の記事です。 https://mainichi.jp/articles/20200525/k00/00m/040/033000c オープンした滋賀県立公文書館の新たなサービスとして、明治~昭和50年代の公文書約1万2000点が、同館のHPで目録検索できるようになったそう…

福島県、防災研究者育成へ 双葉に新設「伝承館」

『福島民報』のサイトの2020年5月24日付の記事です。 https://www.minpo.jp/news/moredetail/2020052475746 福島県双葉町で県アーカイブ(記録庫)拠点施設「東日本大震災・原子力災害伝承館」が開所するのを前に、福島県は震災と原発事故関連の資料約二十二…

公文書「安易な廃棄禁止」 兵庫県が管理条例を4月施行

『神戸新聞』のサイトの2020年5月20日付の記事です。 https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202005/0013355668.shtml 兵庫県は、意志決定に至る過程を示す公文書の取り扱いなどに配慮するよう管理指針で義務づけた県公文書管理条例を施行したそうです。

ネットで「金沢文庫文書」 高精細画像や翻刻データ公開 鎌倉期の国宝資料群 /東京

『毎日新聞』のサイトの2020年5月20日付の記事です。 https://mainichi.jp/articles/20200520/ddl/k13/040/017000c 神奈川県立金沢文庫は、国宝「金沢文庫文書」をデジタル化した高精細画像や崩し字を現代文に変換した翻刻データなどを、インターネット上の…

資料20万点、閲覧伸びず 有効活用促す工夫必要 開設3年、熊本地震デジタルアーカイブ

『熊本日日新聞』のサイトの2020年5月19日付の記事です。 https://this.kiji.is/635287347519865953?c=92619697908483575 熊本地震に関する写真や文書などの記録をデータ化し、一般に公開している熊本県の「デジタルアーカイブ」の利用は伸び悩んでいるそう…

福岡県、人権啓発番組に削除要請 手紙1通のクレームで

朝日新聞デジタルの2020年5月19日付の記事です。 https://www.asahi.com/articles/ASN5M6JZ6N5GTIPE02W.html 福岡県が人権啓発のために九州朝日放送(KBC)に委託しているラジオ番組の内容をめぐり、県が聴取者からクレームがあったことを理由にアーカイブ化…

公文書管理、強化どこまで 条例施行、専門家「監視が重要」 /山形

『毎日新聞』のサイトの2020年5月11日付の記事です。 https://mainichi.jp/articles/20200511/ddl/k06/010/144000c 山形県の公文書管理条例が4月に施行されたそうです。

近世・近現代: 文書の保存・管理の歴史

佐藤孝之; 三村昌司編. 近世・近現代: 文書の保存・管理の歴史. 勉誠出版, 2019, 352p. 主な内容は以下の通りです。 序言 佐藤孝之・三村昌司 近世編 総論 近世文書の保存・管理史研究と近世編の概要 佐藤孝之 江戸幕府右筆所日記について 小宮木代良 秋田藩…

新型コロナ 行橋市がデジタルアーカイブ開設 市増田美術館・市歴史資料館の所蔵作品や史料 /福岡

『毎日新聞』のサイトの2020年4月22日付の記事です。 https://mainichi.jp/articles/20200422/ddl/k40/040/329000c 福岡県行橋市は、図書館等複合施設「リブリオ行橋」開館に合わせ、市増田美術館と市歴史資料館の所蔵作品や史料をウェブページで鑑賞・閲覧…

仙台市の在宅勤務難航 旗振り役のはずが… 紙文化や電子化の遅れ壁

『河北新報』のサイトの2020年4月19日付の記事です。 https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202004/20200419_11019.html 仙台市が外出自粛を市民に呼び掛ける中、旗振り役の市職員の在宅勤務が進んでいないことについて、「事務処理を文書で行う「紙文化」や…

県立図書館、県文書館に国会図書館から礼状 レファレンス工夫し利用者手助け

『中日新聞』のサイトの2020年3月30日付の記事です。 https://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20200330/CK2020033002000013.html 福井県文書館は、国立国会図書館が管理する「レファレンス協同データベース」に、少人数の組織ながら継続的に事例の登録な…

鳥取大火の記録写真HP掲載 県立公文書館

『山陰中央新報』のサイトの2020年4月17日付の記事です。 http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1587086828115/index.html 鳥取県立公文書館は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、毎年開く企画展を中止したことを受け、同館ホームページに鳥取大火…

高校生に防災継承 県立博物館など、冊子作成 文化遺産の守り手育成 /和歌山

『毎日新聞』のサイトの2020年4月12日付の記事です。 https://mainichi.jp/articles/20200412/ddl/k30/040/194000c 和歌山県立文書館やボランティア団体「歴史資料保全ネット・わかやま」、県立博物館などが協力し、災害に関する遺跡や記念碑、史料などの研…

全国初、明治の地方紙をネット公開 県文書館

『中日新聞』のサイトの2020年4月10日付の記事です。 https://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20200410/CK2020041002000038.html 福井県文書館は、一八八二(明治十五)年から九一年にかけての「福井新報」など千八百日分(画像七千二百枚)をインターネ…

6千箱のネット図録が完成 寒川文書館収蔵品のマッチラベル

『タウンニュース』のサイトの2020年4月10日付の記事です。 https://www.townnews.co.jp/0603/2020/04/10/524056.html 神奈川県寒川町の寒川文書館が所蔵する古いマッチ箱など約6500点を閲覧できるネット上の図録が完成したそうです。

明治-戦後の1万2700冊収蔵 県庁に県公文書館オープン

『中日新聞』のサイトの2020年4月9日付の記事です。 https://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20200409/CK2020040902000028.html 滋賀県立公文書館が、県庁に開館したそうです。

国宝・金沢文庫文書 ネット公開始まる

『タウンニュース』のサイトの2020年4月9日付の記事です。 https://www.townnews.co.jp/0110/2020/04/09/523890.html 神奈川県立金沢文庫が、国宝「金沢文庫文書」のインターネット公開を開始したそうです。

県公文書条例 恣意的な運用防いでこそ

『高知新聞』のサイトの2020年4月6日付の社説です。 https://www.kochinews.co.jp/article/358810/ 高知県公文書管理条例の施行と高知県立公文書館のオープンについて、「公文書の整理や分析に知見を持つ専門家「アーキビスト」の育成が急務だろう」としてい…

都公文書館 きょうオープン 歴史的資料の保存や閲覧、国分寺に移転

『東京新聞』のサイトの2020年4月1日付の記事です。 https://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/202004/CK2020040102000135.html 東京都公文書館が、これまでの世田谷区内から国分寺市泉町の新施設に移転オープンしますが、新型コロナウイルス感染症の…

高知県の市町村で史料写真の電子化 半数は「着手」「予定」

『高知新聞』のサイトの2020年3月31日付の記事です。 https://www.kochinews.co.jp/article/357144/ 地域の歴史を伝える視覚的史・資料のデジタル化について、高知県内の半数の17市町村が着手または着手予定があるそうです。

仙台中心部に震災メモリアル拠点 旧城下町に追悼広場 市が骨子案

『河北新報』のサイトの2020年3月28日付の記事です。 https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202003/20200328_11008.html 東日本大震災の経験を伝えるため、仙台市が市中心部への設置を目指す「震災メモリアル拠点」に関し、追悼広場にはモニュメントのほか、…

高知県民の共有財産を後世に...高知県立公文書館4/1開館 誰でも閲覧可能、文化施設も併設

『高知新聞』のサイトの2020年3月28日付の記事です。 https://www.kochinews.co.jp/article/356410/ 高知県立公文書館がオープンするそうです。

3月末閉館へ舞台納め 磐田市民文化会館、40年の歩み振り返る

『静岡新聞』のサイトの2020年3月26日付の記事です。 https://www.at-s.com/news/article/local/west/750430.html 静岡県磐田市民文化会館の閉館に伴い、開館当時に収めた桐の箱のタイムカプセルは、磐田市歴史文書館で保管するそうです。

国立公文書館 加藤丈夫館長「歴史と文化で地方創生」

『農業協同組合新聞』のサイトの2020年3月19日付の記事です。 https://www.jacom.or.jp/noukyo/rensai/2020/03/200319-40832.php 国立公文書館の加藤丈夫館長が、公文書とは「国や自治体のガバナンスを検証するという民主主義の原点」と語っています。

事件資料、相模原市が永久保存へ 歴史的公文書に指定

『神奈川新聞』のサイトの2020年3月19日付の記事です。 https://www.kanaloco.jp/article/entry-303340.html 知的障害者施設「津久井やまゆり園」(相模原市緑区)で2016年7月、入所者と職員計45人が殺傷された事件で、神奈川県相模原市は市公文書管…

五輪文書の保管、都が組織委に釘刺す 条例案提出

朝日新聞デジタルの2020年3月14日付の記事です。 https://www.asahi.com/articles/ASN3F6VRDN39UTIL01G.html 東京五輪・パラリンピック組織委員会に対し、作成した文書を適切に保管するよう求める条例案が、開会中の東京都議会に提出されているそうです。

県会、県提出69議案可決

『信濃毎日新聞』のサイトの2020年3月11日付の記事です。 https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20200311/KT200310ATI090016000.php 長野県の「公文書等の管理に関する条例(公文書管理条例)案」は、対象機関に県議会を加えた修正案が可決されたそうです。

県公文書条例 県政への信頼が試される

『信濃毎日新聞』のサイトの2020年3月9日付の社説です。 https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20200309/KP200308ETI090001000.php 長野県公文書管理条例案について、「異論なく結論が導かれたように整えられる懸念はないか。紆余曲折した検討の記録は省か…

「教訓の発信不十分」 福島の原発施設で専門家指摘―東日本大震災9年

時事通信のサイトの2020年3月9日付の記事です。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2020030900120&g=soc 福島県が東日本大震災と原発事故の記録と教訓を伝える場として開所するアーカイブ拠点施設について、一部の専門家は「教訓を伝える内容が不十分ではな…