Daily Searchivist

記録管理、文書管理、公文書館、アーカイブ、アーカイブズ... 今注目のキーワードを読み解くための最新情報を厳選してお伝えします。

設立

北九州に平和資料館 海外資料も収集し歴史語り継ぐ場に

産経ニュースの2017年2月28日付の記事です。 http://www.sankei.com/region/news/170228/rgn1702280005-n1.html 北九州市は、さきの大戦との関わりを伝える平和資料館の整備に着手するそうです。

受け継ぐ

『福島民報』のサイトの2017年2月9日付のコラム「あぶくま抄」です。 http://www.minpo.jp/news/detail/2017020938840 福島県双葉町に、震災と原発事故の教訓を伝えるアーカイブ(記録庫)拠点施設ができる取り上げています。

仙台市歴史的公文書センター 旧校舎に開設へ

『河北新報』のサイトの2017年2月14日付の記事です。 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201702/20170214_11037.html 仙台市は、歴史的価値のある公文書を知的財産として保存し、市民の閲覧を可能にする「歴史的公文書センター(仮称)」を青葉区の旧貝森…

新発田の歩み 学ぶ拠点に 「歴史図書館」18年度開館予定

『新潟日報』のサイトの2017年2月3日付の記事です。 http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20170203305549.html 新潟県新発田市が、郷土の歴史に関する古文書や絵図など紙ベースの史料を一括して管理する「新発田市立歴史図書館」をオープンするそうで…

復興拠点施設 図書館併設 岩手・大槌着工

『河北新報』のサイトの2017年1月16日付の記事です。 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201701/20170116_33004.html 岩手県大槌町で、東日本大震災で被災した町図書館を併設する「復興拠点施設」が着工され、震災や町の歴史を伝えるアーカイブ室などを設…

双葉のアーカイブ施設整備会議 出席わずか17市町村

『福島民報』のサイトの2017年1月12日付の記事です。 http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2017/01/post_14623.html 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の記録や教訓を伝える福島県のアーカイブ拠点施設(双葉町)の整備に向け、県が開いた会議…

熊本大文書館“再始動” 地域の記録、研究に活用

『熊本日日新聞』のサイトの2017年1月1日付の記事です。 http://kumanichi.com/news/local/main/20170101003.xhtml 熊本大学が2016年4月に開設した「熊本大学文書館」は、熊本地震で困難になった史資料の受け入れ態勢を整え、閲覧も始めたそうです。

高知城歴史博物館が明治維新期の古文書、日記、写真など募集

『高知新聞』のサイトの2016年12月29日付の記事です。 https://www.kochinews.co.jp/article/70966/ 2017年3月に開館する高知県立高知城歴史博物館は、明治維新期の日記や古文書などの情報を県内外から募集するそうです。

京都に関する資料、74万点保管 新施設オープン

『京都新聞』のサイトの2016年12月23日付の記事です。 http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20161223000098 老朽化で閉館した京都府立総合資料館をリニューアル移転させた「府立京都学・歴彩館」が、一部オープンしたそうです。

全史料協関東部会第289回定例研究会「東京工業大学におけるアーカイブズ活動の取り組み」【12/15】

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会の関東部会が、標記の研究会を開催します。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、同部会のサイトをご参照ください。 http://www.jsai-kanto.jp/study289.html 日時 平成29(2017)年2月3日(金)13:30〜17:00 (13:…

富岡町 震災・地域アーカイブ施設19年度開設

『河北新報』のサイトの2016年12月9日付の記事です。 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201612/20161209_61007.html 東京電力福島第1原発事故で全町避難する福島県富岡町が町内に計画するアーカイブ施設は、2019年度を目標に開設するそうです。

震災記録施設に語り部や運営スタッフ 福島県民参加型・素案

『福島民友新聞』のサイトの2016年10月25日付の記事です。 http://www.minyu-net.com/news/news/FM20161025-122005.php 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の記録と教訓を後世に伝えるアーカイブ拠点施設(震災記録施設)について、福島県は、県民が施…

全史料協の第42回大会【11/10-11】

全史料協(全国歴史資料保存利用機関連絡協議会)が、2016年度の大会・研修会を三重県で開催します。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、同会のサイトをご覧下さい。 http://www.jsai.jp/taikai/mie/index.html 期日 平成28年11月10日(木)・1…

記憶遺産の「東寺百合文書」所蔵、資料館が閉館

YOMIURI ONLINEの2016年9月12日付の記事です。 http://www.yomiuri.co.jp/culture/20160911-OYT1T50006.html 京都府立総合資料館が53年の歴史に幕を下ろし、近くに新築された文化施設「京都学・歴彩館」に機能が統合されるそうです。

震災・原発事故の記録保存施設、福島・双葉に

YOMIURI ONLINEの2016年8月15日付の記事です。 http://www.yomiuri.co.jp/national/20160815-OYT1T50071.html 福島県は東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の記録や資料などを保存・公開する「アーカイブ拠点施設」を、双葉町中野地区に建設する方針を固…

戦争体験 継承へ史料室

YOMIURI ONLINEの2016年8月14日付の記事です。 http://www.yomiuri.co.jp/local/ehime/news/20160813-OYTNT50248.html 愛媛県遺族会は、常設の「祈念史料室」を県護国神社に設置し、寄贈された戦地からの手紙などを展示するそうです。

『American Archivist』Volume 78, Issue 2

『American Archivist』Volume 78, Issue 2(2015年秋冬号)の主な内容は以下の通りです。 「アーカイブズと教育」の特集号です。 FROM THE EDITOR The Archival Profession and Society Gregory S. Hunter ARTICLES Reconciling the Inalienability Doctrin…

『Archives and Records』Vol. 34, Issue 1

英国アーカイブズ・記録協会の機関誌『Archives and Records』Vol. 34, Issue 1(2013年7月)の主な内容は以下の通りです。 「英国の地方公文書館:コンテクスト、進化、発展」の特集号です。 Editorial Writing the record office Margaret Procter & Eliza…

全町避難 富岡町 アーカイブ施設検討

『河北新報』のサイトの2016年7月16日付の記事です。 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201607/20160716_63004.html 東京電力福島第1原発事故で全町避難する福島県富岡町は、地域史と震災の記憶を伝えるアーカイブ施設の設置に向け、保存資料の活用方法…

大仙市の公文書館 利用促す環境づくりを

『秋田魁新報』のサイトの2016年5月25日付の社説です。 http://www.sakigake.jp/news/article/20160525AK0011/ 開設準備が進む秋田県大仙市の大仙市アーカイブズ(公文書館)について、「施設の意義を分かりやすくPRし、市民に親しまれる施設としてほしい…

全史料協近畿部会第133回例会「岡山県立記録資料館開館10周年―それでも初志は変わらず―」【6/14】

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会の近畿部会が、標記の例会を開催します。 詳しくは、同会のサイトをご参照ください。 http://www.jsai.jp/ibbs/b20160519.html 日 時 平成28年6月14日(火) 14:40〜16:20 報告者 定兼 学氏(岡山県立記録資料館館長) 「…

復興祈念公園 アーカイブと一体整備を提言

『河北新報』のサイトの2016年4月26日付の記事です。 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201604/20160426_61043.html 福島県の有識者会議は、アーカイブ施設「ふるさとふくしま再生の歴史と未来館」(仮称)と復興祈念公園を一体的に整備するよう提言した…

アーカイブ施設 「前例」を作れ

『福島民報』のサイトの2016年4月25日付の論説です。 http://www.minpo.jp/news/detail/2016042530538 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の記録や教訓を後世に伝えるアーカイブ(記録庫)拠点施設に関して、このような施設を国が整備・運営した前例が…

記録管理学会2016年研究大会【5/27-28】

記録管理学会が、今年の研究大会を開催します。 詳しくは、同会のサイトをご参照下さい。 http://www.rmsj.jp/学会活動のページ/rmsj-2016年研究大会-開設2016-4-17/ 期 日 : 2016年5月27日(金)、28日(土) 会 場 : 第一日:5月27日(金) 国立情報学研究所…

北朝鮮人権法施行へ 統一部と法務部が人権犯罪を共同調査

『朝鮮日報』日本語版サイトの2016年4月10日付の記事です。 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/04/10/2016041000448.html 韓国政府は、北朝鮮内で行われた人権犯罪の記録を「北朝鮮人権記録センター」でまとめ、3カ月ごとに「北朝鮮人権…

県主体で設置、運営 アーカイブ拠点施設

『福島民報』のサイトの2016年4月9日付の記事です。 http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2016/04/post_13605.html 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の記録や教訓を後世に伝えるアーカイブ(記録庫)拠点施設を巡り、福島県は財団法人による運…

ヤマトHD/総合研究所を設立

LNEWSの2016年4月1日付の記事です。 http://lnews.jp/2016/04/i040111.html ヤマトホールディングスは、「クロネコアーカイブ」として、ヤマトグループの歴史的資料の収集・保管と一般向けに100周年記念史料館・資料室の創設・運営を行うそうです。

佐賀市議会 一般質問ピックアップ

『佐賀新聞』のサイトの2016年3月15日付の記事です。 http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/289286 佐賀市議会では、「公文書館のような建物ありきではなく、市民にどう公開するかを考え、公文書コーナーの設置などを検討したい」との答弁があったそうで…

廃校舎活用し公文書館 27万点保管可能

『河北新報』のサイトの2016年3月15日付の記事です。 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201603/20160315_41006.html 秋田県大仙市の公文書館整備計画について取り上げています。

原発事故 アーカイブ施設、県主体で設置へ

『河北新報』のサイトの2016年2月27日付の記事です。 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201602/20160227_61047.html 東京電力福島第1原発事故の記録と教訓を伝えるアーカイブ施設「ふるさとふくしま再生の歴史と未来館」(仮称)を、福島県が主体となっ…