Daily Searchivist

記録管理、文書管理、公文書館、アーカイブ、アーカイブズ... 今注目のキーワードを読み解くための最新情報を厳選してお伝えします。

設立

フォーラム「福島の震災遺産と震災アーカイブズの構築」【4/30】

標記のフォーラムが開催されます。 参加申し込みは不要です。 詳しくは、文化財防災ネットワークのサイトをご参照ください。 http://ch-drm.nich.go.jp/event 主催 科学研究費補助金基盤研究(A)「防災と被災地復興の基盤を形成する地域災害資料・情報学の…

福島アーカイブ施設 20年度開設へ資料収集 震災と原発の複合災害伝達に知恵絞る

『河北新報』のサイトの2018年3月15日付の記事です。 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201803/20180315_63006.html 福島県は、双葉町に整備するアーカイブ拠点施設の2020年度開設に向けた資料収集を進めているそうです。

「国立映画アーカイブ」来月誕生 シネマの殿堂、念願の独立 職員数、財政面では課題も

産経ニュースの2018年3月13日付の記事です。 http://www.sankei.com/entertainments/news/180313/ent1803130001-n1.html 東京国立近代美術館のフィルムセンターが独立して誕生する「国立映画アーカイブ」の意義と課題について論じています。

「学びの森」西側に建設へ 富岡町独自のアーカイブ施設

『福島民友新聞』のサイトの2018年2月28日付の記事です。 http://www.minyu-net.com/news/news/FM20180228-247918.php 東日本大震災と原発事故で被災した地域の記録や町民の体験を記録、研究して国内外に発信するため、福島県富岡町が2020年度に独自のア…

東京国立近代美術館フィルムセンターが4月に独立 「国立映画アーカイブ」へ

産経ニュースの2018年2月6日付の記事です。 http://www.sankei.com/life/news/180206/lif1802060030-n1.html 映画フィルムの収集、保存、公開、活用を行う東京国立近代美術館フィルムセンターが、国立美術館としては6番目の新美術館「国立映画アーカイブ」…

6テーマで教訓展示 県アーカイブ拠点概要発表

『福島民報』のサイトの2017年12月28日付の記事です。 http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2017/12/post_15680.html 福島県が双葉町中野地区に整備する東日本大震災、東京電力福島第一原発事故のアーカイブ(記録庫)拠点施設の概要が示されたそうで…

自治体の公文書 注目したい「福岡の知恵」

『西日本新聞』のサイトの2017年11月17日付の社説です。 https://www.nishinippon.co.jp/nnp/syasetu/article/374086/ 福岡共同公文書館について、「自治体の公文書を保存・活用する福岡方式として注目したい」としています。

韓国、ユネスコ新組織誘致 世界記憶遺産を管轄

『東京新聞』のサイトの2017年11月7日付の記事です。 http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201711/CK2017110702000242.html 韓国は、ユネスコの「世界の記憶」(世界記憶遺産)を管轄する「国際記録遺産センター」の誘致に成功したと発表したそう…

震災と原発 複合災害の教訓世界発信へ 福島・富岡のアーカイブ施設、基本構想まとまる

『河北新報』のサイトの2017年10月31日付の記事です。 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201710/20171031_61006.html 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故などを伝承するため、福島県富岡町が計画するアーカイブ施設の在り方を検討してきた町民会議は…

世界記憶遺産登録の朝鮮通信使 記念館建立を検討へ

『聯合ニュース』日本語版サイトの2017年10月31日付の記事です。 http://japanese.yonhapnews.co.kr/Locality/2017/10/31/3000000000AJP20171031005000882.HTML 朝鮮通信使の世界記憶遺産登録を推進した釜山文化財団は、韓国・釜山市と日本の朝鮮通信使縁地…

高知県が公文書管理条例制定へ 2019年度めど 検討具体化

『高知新聞』のサイトの2017年10月2日付の記事です。 http://www.kochinews.co.jp/article/129377/ 高知県は、県警や教育委員会も含め、作成から保管、破棄までのルールをより明確化し、県民の「利用請求権」も規定する公文書管理条例を制定する方針を決めた…

ヒット漫画の原画に巨額相続税!? ベテラン漫画家たちの悩み

産経ニュースの2017年9月25日付の記事です。 http://www.sankei.com/life/news/170925/lif1709250007-n1.html 漫画作品の価値が上昇し巨額の相続税が発生する可能性があるため、ベテラン漫画家の間に、原画を保存・展示する国立美術館の設立を求める声が高ま…

岐阜大、丸ごと博物館を計画 創立70周年記念、眠れるお宝展示

『中日新聞』のサイトの2017年9月6日付の記事です。 http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017090602000237.html 岐阜大学は、キャンパス内に分散して保管している古文書や標本などの学術資料を集約し、一般に公開する「キャンパスミュージアム…

読谷、公文書館設立へ 屋良元知事の資料も収蔵 村立で初

『琉球新報』のサイトの2017年8月25日付の記事です。 https://ryukyushimpo.jp/news/entry-561726.html 沖縄県読谷村は、村立としては全国初となる公文書館を設置し、新たに公文書館の専門職員(アーキビスト)を配置するそうです。

MANGA議連、アニメ業界のワーキングプアに危機感 衆院議員・古屋圭司氏が語る施策とは?

ORICON NEWSの2017年8月4日付の記事です。 http://www.oricon.co.jp/special/50179/ MANGA議連(マンガ・アニメ・ゲームに関する議員連盟)は、国立国会図書館の支部として、マンガ家やアニメーター、コレクターなどが手元で保管している貴重な資料の受入先…

アーカイブ施設 中身が見えない

『福島民報』のサイトの2017年6月26日付の論説です。 http://www.minpo.jp/news/detail/2017062642798 福島県が2020年夏までに開所させる東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の「アーカイブ(記録庫)拠点施設」について、「保存・展示物の収集を最…

震災遺産の継承 散逸を防ぐ共感と協力

『福島民報』のサイトの2017年6月17日付の論説です。 http://www.minpo.jp/news/detail/2017061742535 福島県が計画している東日本大震災のアーカイブ拠点施設について、「公文書を含む歴史資料を管理する人材(アーキビスト)も大切だ。どの運営方式にせよ…

障害分野の書物約7千点 東京にアーカイブセンター

朝日新聞デジタルの2017年5月24日付の記事です。 http://www.asahi.com/articles/ASK5R5WZ9K5RUBQU012.html 障害者の地域生活を支援する事業所の全国組織「きょうされん」が、アーカイブセンターを東京都中野区の事務所内に開いたそうです。

全史料協関東部会第291回定例研究会「鎌倉市におけるアーカイブズの設立に向けた動向」【7/7】

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会の関東部会が、標記の研究会を開催します。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、同部会のサイトをご参照ください。 http://www.jsai-kanto.jp/study291.html 日時 平成29(2017)年7月7日(金)14:00〜16:30 (13:30…

歴史公文書、東北の自治体で散逸危機

『河北新報』のサイトの2017年5月19日付の記事です。 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170519_73012.html 公文書管理法の施行後、青森、山形両県や秋田県大仙市が保存・公開のための施設を開設する一方、岩手県や大半の市町村では動きがないと…

「国立漫画館」を法整備で推進 自民チームが方針

産経ニュースの2017年5月12日付の記事です。 http://www.sankei.com/politics/news/170512/plt1705120044-n1.html 自民党のクールジャパン戦略推進特命委員会のプロジェクトチームは、「MANGAナショナル・センター構想」と銘打ち、漫画やアニメの原画を…

大仙市公文書館が3日開館 最大27万点保存、民間の古文書も

『秋田魁新報』のサイトの2017年5月2日付の記事です。 http://www.sakigake.jp/news/article/20170502AK0009/ 秋田県大仙市の公文書館「大仙市アーカイブズ」が開館するという内容です。

2017年度アート・ドキュメンテーション学会年次大会【6/10-11】

アート・ドキュメンテーション学会が、今年度の年次大会を開催します。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、同会のサイトをご参照ください。 http://www.jads.org/news/2017/20170610.html 日時:2017年6月10日(土)、11日(日) 会場:東京工業大学 …

フォーラム「なぜアーカイブズは必要なのか Part.2 地方再生に向けた公文書管理」【5/12】

標記のフォーラムが開催されます。 詳しくは、人間文化研究機構のサイトをご参照ください。 http://www.nihu.jp/ja/event 平成29年5月12日(金)13:00〜17:00 プログラム 13時〜 開会のあいさつ 釜石市長 野田武則 13時55分〜 趣旨説明・報告1 これからの被…

震災記録 世界と共有 県「アーカイブ拠点施設」基本方針決定

『福島民報』のサイトの2017年3月28日付の記事です。 http://www.minpo.jp/news/detail/2017032840195 福島県は、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の「アーカイブ(記録庫)拠点施設」の基本方針を決定したそうです。

信大の歴史資料を収集 付属図書館が「センター」設置へ

『信濃毎日新聞』のサイトの2017年3月25日付の記事です。 http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20170325/KT170324SJI090006000.php 信州大学付属図書館は2017年度、館内に「大学史資料センター」を設け、大学の歴史が分かる写真や卒業アルバムなどの資…

図書館を移転後改修 17年度に設計着手 高知県公文書館基本計画

『建設通信新聞』のサイトの2017年3月24日付の記事です。 https://www.kensetsunews.com/archives/33457 高知県は、2018年夏ころにオープンする新図書館等複合施設・オーテピアに県立図書館が移転した後の施設を改修し、公文書館とするそうです。

爆音訴訟で研究機関設立へ 厚木原告団 資料管理、沖縄とも連携

『琉球新報』のサイトの2017年2月22日付の記事です。 http://ryukyushimpo.jp/news/entry-448679.html 米軍厚木基地(神奈川県)の航空機騒音を訴える厚木爆音訴訟原告団が設立する「爆音訴訟調査研究センター」(仮称)は、行政文書の保存期間が決まってい…

県立図書館 蔵書3倍、230万冊に

YOMIURI ONLINEの2017年3月2日付の記事です。 http://www.yomiuri.co.jp/local/ishikawa/news/20170301-OYTNT50128.html 移転新築される石川県立図書館では、「石川コレクション」として里山里海や伝統工芸などに関する資料を充実させ、公文書館としての役割…

北九州に平和資料館 海外資料も収集し歴史語り継ぐ場に

産経ニュースの2017年2月28日付の記事です。 http://www.sankei.com/region/news/170228/rgn1702280005-n1.html 北九州市は、さきの大戦との関わりを伝える平和資料館の整備に着手するそうです。