Daily Searchivist

記録管理、文書管理、公文書館、アーカイブ、アーカイブズ... 今注目のキーワードを読み解くための最新情報を厳選してお伝えします。

公開研究会「東京大学史料編纂所のデジタル画像検索閲覧システムの現状と課題」【6/23】

標記の研究会が開催されます。
詳しくは、東京大学史料編纂所のサイトをご参照ください。
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/index-j.html

○公開研究会(第1部)
「東京大学史料編纂所のデジタル画像検索閲覧システムの現状と課題」
日時・場所: 2016年6月23日(木)13:30 〜15:00 、史料編纂所 大会議室
主催:海外S科研・ 日本史情報国際センター(共催)
報告予定
1)総論:林S科研から海外S科研へ(報告者:保谷 徹)
2)デジタル史料画像の管理と画像閲覧システム(報告者:山田太造)
 メタデータ付与作業の概要と(国内採訪・海外史料)デジタルアーカイヴズ構築の現状:利用法の紹介もかねて(報告者:浜口誠至・及川将基)
3)採訪史料画像データベース構築における今後の課題(報告者:遠藤基郎)
○公開研究会(第2部)
15:15 〜17:00 海外S科研 各プロジェクト報告
 帝政ロシア史料調査(保谷 徹)
 カラフトアイヌとの交易帳簿プロジェクト(佐藤雄介)
 リハチョフ日記翻訳プロジェクト(有泉和子)
 ロシア所在アイヌ・北方史料研究(北大・谷本晃久)
 欧米補充調査・古写真=写真史料調査(保谷・谷昭佳)
 日独関係史料研究(東大法・五百旗頭薫)
 日本・ハワイ関係史研究 (歴博・原山浩介)
 ポルトガル・モンスーン文書の調査 (岡美穂子)
 倭寇図像研究プロジェクト (須田牧子)ほか。