Daily Searchivist

記録管理、文書管理、公文書館、アーカイブ、アーカイブズ... 今注目のキーワードを読み解くための最新情報を厳選してお伝えします。

諸国

シベリア抑留 抑留者情報、データ化し活用を 富田武・成蹊大名誉教授

『毎日新聞』のサイトの2018年7月4日付の記事です。 http://mainichi.jp/articles/20180704/dde/014/040/015000c シベリア抑留研究の第一人者が、厚生労働省が保存している「個人登録簿」の公開とデータベース化を訴えています。

国際シンポジウム「デジタル時代における人文学の学術基盤をめぐって」【7/6】

標記のシンポジウムが開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、主催者のサイトをご参照ください。 http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/kibans/sympo2018/ 2018年7月6日(金)13:30〜 会場 一橋講堂中会議場 〒100-0003 東京都 千代田区一ツ橋2丁…

シリーズ企画「1968年 ― 転換のとき: 抵抗のアクチュアリティについて」【5/27】

以下の内容を含むシリーズ企画が開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、ゲーテ・インスティトゥートのサイトをご参照ください。 https://www.goethe.de/ins/jp/ja/ver.cfm?fuseaction=events.detail&event_id=21245660 オルタナティブ・カル…

文化庁・立命館大学 共同研究キックオフ・シンポジウム「新たな文化芸術創造活動の創出」【3/24】

標記のシンポジウムが開催されます。 参加申し込みは不要です。 詳しくは、立命館大学アート・リサーチセンターのサイトをご参照ください。 http://www.arc.ritsumei.ac.jp/lib/app/news/pc/002308.html 2018年3月24日(土)10:30-17:00 立命館大学アート・…

JIIMAセミナー「文書及びデータの相互運用性に関する市場並びに実態調査報告会」【3/28】

標記のセミナーが開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、日本文書情報マネジメント協会のサイトをご参照ください。 http://www.jiima.jp/contents/seminar/cat/post_42.html 日時 2018年3月28日(水) 報告会 10時30分〜11時30分 個別質問…

ボーボワールの恋文譲渡=仏映画監督が米大学に

時事通信のサイトの2018年1月20日付の記事です。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2018012000311&g=int フランスの映画監督は、作家ボーボワールから受け取った恋文について、自身の死後にフランスの法律の規定で手紙の所有権がボーボワールの親族に移る…

国際研究交流集会「災害国におけるアーカイブズ保存のこれから−技術交流・危機管理から地方再生へ」【2/6】

標記の研究集会が開催されます。 詳しくは、国文学研究資料館のサイトをご参照ください。 http://www.nijl.ac.jp/ 2018年2月6日(火) 会場 国文学研究資料館 大会議室 (東京都立川市緑町10-3) 参加費 無料 プログラム 開会のご挨拶 大友一雄(国文学研究資料館…

「インド洋津波」登録 ユネスコ記憶遺産 ボロブドゥール・ジャワ文学も

『じゃかるた新聞』のサイトの2017年12月13日付の記事です。 http://www.jakartashimbun.com/free/detail/39053.html ユネスコの「世界の記憶」(世界記憶遺産)に、2004年12月にアチェ州などを襲った「インド洋津波」の記録資料や、世界遺産ボロブド…

講演会「フランス国立図書館・国立文書館建築の伝統と革新からみる資料保存」【1/20】

標記の講演会が開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、日仏図書館情報学会のサイトの「ニュース」をご参照ください。 http://www.sfjbd.sakura.ne.jp/ 日時:2018年1月20日(土) 14:00〜16:00 会場:日仏会館501号室 講師:吉川也志保氏(…

隠されたホロコーストのアーカイブ、ポーランドで展示

AFPBB Newsの2017年11月15日付の記事です。 http://www.afpbb.com/articles/-/3150602 ポーランドのワルシャワ・ゲットーで死に直面したユダヤ人たちは、ホロコースト犠牲者の証言が後世に伝わることを願って、貴重な記録文書を作成し、隠したそうです。

国際シンポジウム「災害文化形成を担う地域歴史資料学の確立をめざして」【11/11-12】

標記のシンポジウムが開催されます。 参加申し込みは不要です。 詳しくは、主催者のサイトをご参照ください。 http://www.lit.kobe-u.ac.jp/~chiiki/ 日時:2017年11月11日(土)13:00〜17:30・12日(日)9:30〜15:30 会場:神戸大学先端融合研究環統合研究…

国立公文書館、ベトナム国家記録アーカイブズ局と協力覚書

ベトナムニュースの2017年9月21日付の記事です。 http://www.viet-jo.com/news/nikkei/170919220910.html 国立公文書館とベトナム国家記録アーカイブズ局長は、アーカイブズおよび記録管理に係る協力覚書の交換を行ったそうです。

公開講演会「世界記録遺産プログラムとベトナムの取り組み」【7/22】

標記の講演会が開催されます。 参加申し込みは不要です。 詳しくは、学習院大学大学院人文科学研究科アーカイブズ学専攻のサイトをご参照ください。 http://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/arch/ 日時:2017年7月22日(土) 16時〜17時30分 会場:学習院大学 …

俘虜収容所資料を記憶遺産に 県・独など共同申請へ

『徳島新聞』のサイトの2017年5月28日付の記事です。 http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/05/2017_14959343055165.html 徳島県とドイツ・ニーダーザクセン州などは、第1次世界大戦中に鳴門市にあった板東俘虜収容所の関連資料をユネスコの「世界…

「世界の終末」に備えたデータ保管庫、ノルウェーの永久凍土に開設

ニューズウィーク日本版のサイトの2017年4月7日付の記事です。 http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/04/post-7350.php ノルウェー領スヴァールバル諸島に、世界各国の貴重なデータを500年以上保存することを目的とするデータ保管庫がオープンし…

日本アーカイブズ学会2017年度大会【4/22-23】

日本アーカイブズ学会が、2017年度の大会を学習院大学で開催します。 参加申し込みは不要です。 詳しくは、同会のサイトをご参照下さい。 http://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=304 期日 2017年4月22日(土)・23日(日) 会場 学習院大学…

インダストリアルデザイン・アーカイブズ研究プロジェクト国際シンポジウム「くらしを伝えるかたち」【3/24】

標記のシンポジウムが開催されます。 参加申し込みは不要です。 詳しくは、大阪市のサイトをご参照ください。 http://www.city.osaka.lg.jp/keizaisenryaku/page/0000389524.html 大阪工業大学梅田キャンパス開設記念 インダストリアルデザイン・アーカイブ…

ワークショップ「東アジアから見た阮朝地方アーカイブズの世界」【11/26】

標記のワークショップが開催されます。 参加申し込みは不要です。 詳しくは、学習院大学大学院アーカイブズ学専攻のサイトをご参照ください。 http://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/arch/ 日時 2016年11月26日(土) 事前申し込み不要 会場 学習院大学北2…

憲法の原本がない?キルギス前代未聞の大失態

『ニューズウィーク日本版』のサイトの2016年10月27日付の記事です。 http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/10/post-6138.php キルギスで、憲法の原本紛失が明らかになり、司法省も公文書館も大統領も官邸も一度も原本を保管したことがないと主張…

国立公文書館が在りし日の国王陛下のお写真を公開

『バンコク週報』のサイトの2016年10月21日付の記事です。 http://www.bangkokshuho.com/article_detail.php?id=7824 タイ文化省は、亡きプミポン国王陛下の写真3万点以上をタイ国立公文書館のホームページを通じてダウンロードできるようにするそうです。

和紙の修復技術を紹介 日バチカン共同研究

産経ニュースの2016年10月7日付の記事です。 http://www.sankei.com/photo/daily/news/161007/dly1610070012-n1.html 江戸時代のキリシタン禁制についての史料に関するローマ法王庁(バチカン)と日本の共同研究「マレガ・プロジェクト」によるワークショッ…

ナチスのタイムカプセルを発掘、開封 ポーランドにある旧ナチス訓練施設に埋められていたものとは

ナショナルジオグラフィック日本版のサイトの2016年9月29日付の記事です。 http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/092800365/ ヒトラーがドイツを支配していた時代に埋められたタイムカプセルを掘り出す作業が、ポーランドで行われたそうです。

学際シンポジウム「近代日本の日記文化と自己表象—人々はいかに書き、書かされ、書き遺してきたか—」【9/17-18】

標記のシンポジウムが開催されます。 参加申し込みは不要です。 詳しくは、主催者のサイトをご参照ください。 http://diaryculture.com/ 2016年9月17日(土)、18日(日) 明治学院大学白金校舎、本館10階大会議室 アクセス http://www.meijigakuin.ac.jp/ac…

『American Archivist』Volume 78, Issue 1

『American Archivist』Volume 78, Issue 1(2015年春夏号)の主な内容は以下の通りです。 「アーカイブズとコミュニティとの関わり」の特集号です。 FROM THE EDITOR The American Archivist Online: Version 2.0 Gregory S. Hunter PRESIDENTIAL ADDRESS I…

『Archival Science』Vol. 15, Issue 4

『Archival Science』Vol. 15, Issue 4(2015年12月)の主な内容は以下の通りです。 「活動のアーカイビングと活動的アーカイビング」の特集号です。 Editorial “Humanizing an inevitability political craft”: Introduction to the special issue on archi…

『Archival Science』Vol. 15, Issue 1

『Archival Science』Vol. 15, Issue 1(2015年3月)の主な内容は以下の通りです。 How cells became records: standardization and infrastructure in tissue culture Amelia Acker Visual analytics, cognition and archival arrangement and description:…

『Records Management Journal』Vol. 25, Issue 3

『Records Management Journal』Vol. 25, Issue 3(2015年)の主な内容は以下の通りです。 「国境を越える司法記録」の特集号です。 Using crime data in academic research: issues of comparability and integrity Anika Ludwig , Mary Marshall Utilising…

『Records Management Journal』Vol. 25, Issue 2

『Records Management Journal』Vol. 25, Issue 2(2015年)の主な内容は以下の通りです。 The “middle archive” exploring the practical and theoretical implications of a new concept in Sweden Ann-Sofie Klareld Functional classification: Record-k…

『Records Management Journal』Vol. 25, Issue 1

『Records Management Journal』Vol. 25, Issue 1(2015年)の主な内容は以下の通りです。 「デジタル古文書学」の特集号です。 Diplomatics of born digital documents – considering documentary form in a digital environment Corinne Rogers Digital di…

『Archives and Records』Vol. 36, Issue 2

『Archives and Records』Vol. 36, Issue 2(2015年)の主な内容は以下の通りです。 Articles Generic evolution and the online archival catalogue Heather MacNeil & Jennifer Douglas Adoption of ISAD(G) in practice: a close look at the standardiza…