Daily Searchivist

記録管理、文書管理、公文書館、アーカイブ、アーカイブズ... 今注目のキーワードを読み解くための最新情報を厳選してお伝えします。

総合

千葉県 県立3図書館を統合、新館は青葉の森公園に

『日本経済新聞』のサイトの2019年6月14日付の記事です。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46122060U9A610C1L71000/ 千葉県は県立青葉の森公園に新たな図書館を建設し、県の行政文書や古文書を保管する県文書館の機能も新図書館に移管するそうです。

20世紀メディア研究所第128回研究会【6/29】

標記の研究会が開催されます。 参加申し込みは不要です。 詳しくは、20世紀メディア研究所のサイトをご参照ください。 http://www.waseda.jp/prj-m20th/ ・日時:6月29日(土曜日)午後2時30分~5時30分 ・場所:早稲田大学 早稲田キャンパス3号館809教室 発…

西洋美術館の古文書、盗難品と判明 イタリアに無償返還

朝日新聞デジタルの2019年6月12日付の記事です。 https://www.asahi.com/articles/ASM6D66XTM6DUCVL01J.html 国立西洋美術館がイタリア側に無償で返還した15世紀の古文書は、トリノ大司教区古文書館で資料の整理ボランティアを装った犯人に切り取られたも…

戦没者遺骨収容へ米軍と連携強化 なお残る59万体、情報交換

『毎日新聞』のサイトの2019年5月23日付の記事です。 https://mainichi.jp/articles/20190523/k00/00m/010/246000c 厚生労働省は、戦没者の遺骨のある場所を探すため、対戦国の公文書館で機密指定されている資料について、米国国防総省の「捕虜・行方不明者…

「国際アーカイブズ週間」記念講演会【6/6】

標記の講演会が開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、国立公文書館のサイトをご参照ください。 http://www.archives.go.jp/news/20190517.html 日時:令和元年6月6日(木)15:30~18:15 講演1:三谷 太一郎 東京大学名誉教授、日本学士…

国際カンファレンス「保存から行動へ:日英ゲーム展示の最前線~英国ナショナル・ビデオゲーム・ミュージアムと城陽市歴史民俗資料館の取組みから読み解くその可能性~」【5/31】

標記の国際カンファレンスが開催されます。 詳しくは、立命館大学ゲーム研究センターのサイトをご参照ください。 http://www.rcgs.jp/2019/04/from-preservation-to-action.html 日時: 2019年5月31日(金) 14時~17時 会場:創思館カンファレンスルーム 会…

ミニコミ図書館 5年 市民の活動記録4.6万点超 環境、戦争、原発…テーマ多様 立川 /東京

『毎日新聞』のサイトの2019年5月14日付の記事です。 https://mainichi.jp/articles/20190514/ddl/k13/040/004000c 市民団体の会報などミニコミ誌を専門に収集する東京都立川市の民間図書館「市民アーカイブ多摩」が開館から5年を迎えた、という内容です。

カザフに2万人分資料=シベリア抑留、厚労省が入手

時事通信のサイトの2019年5月14日付の記事です。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051400442&g=pol 厚生労働省がカザフスタン国立公文書館から、シベリア抑留者約2万人分の氏名や出生地などが記載された資料を新たに入手していたそうです。

アーカイブサミット2018-2019【6/11】

標記のイベントが開催されます。 詳しくは、文化資源戦略会議のサイトをご参照ください。 http://archivesj.net/summit20182019top/ 日時:2019年6月11日(火)午後1時半~5時半 場所:千代田区立日比谷図書文化館(全館の集会施設を利用) プログラム概要 …

外務省、史料効果的活用へ専門職 領土・歴史巡る交渉で

共同通信のサイトの2019年5月3日付の記事です。 https://this.kiji.is/496943625881207905?c=39546741839462401 外務省は、領土や歴史認識を巡る韓国やロシア、中国との外交交渉に当たり、過去の外交記録文書の活用を的確に提案できる専門職員「外交アーキビ…

第24回史料保存利用問題シンポジウム「史料保存利用運動の再検証とアーカイブズの未来」【6/22】

標記のシンポジウムが開催されます。 参加申し込みは不要です。 詳しくは、日本歴史学協会のサイトをご参照ください。 http://www.nichirekikyo.com/symposium/symposium201906.html 主催:日本歴史学協会・日本学術会議史学委員会 日本学術会議史学委員会歴…

記録管理学会2019年研究大会【5/25-26】

標記の大会が開催されます。 詳しくは、記録管理学会のサイトをご参照ください。 https://www.rmsj.jp/ 日 時 : 2019年5月25日(土)、26日(日) 会 場 : 東京大学 柏キャンパス 2019年研究大会テーマ 記録管理学の理念と存在意義-電子化・デジタル化で記録…

公文書クライシス 記録残さぬ首相官邸 敗戦後、公開恐れ慣習化 御厨貴・東京大客員教授に聞く

『毎日新聞』のサイトの2019年4月22日付の記事です。 https://mainichi.jp/articles/20190422/ddm/004/010/005000c 首相官邸が安倍晋三首相と省庁幹部の面談記録を1年未満で廃棄し、省庁側も議事録などを十分に残していないことについて、公文書管理委員会…

市民アーカイブ多摩5周年記念講演会「記録・アーカイブする意味 -現在の民主主義を問う-」【5/19】

標記の講演会が開催されます。 詳しくは、市民アーカイブ多摩のサイトをご参照ください。 http://www.c-archive.jp/ とき:2019年5月19日(日)午後2:30 ~ 4:30(開場2:15) 会場:たましんRISURU ホール(立川市市民会館)5階 第1会議室 講師:瀬畑 源さん…

そこが聞きたい 歴史認識問題、どう打開? アジア歴史資料センター長 波多野澄雄氏

『毎日新聞』のサイトの2019年3月26日付の記事です。 https://mainichi.jp/articles/20190326/ddm/005/070/006000c 日韓歴史問題の打開などに文書館はどんな役割を果たせるのかについて、国立公文書館アジア歴史資料センター長にインタビューしています。

新元号 「令和」 「特定問題担当」職員、昨年5月死去 極秘の30年

『毎日新聞』のサイトの2019年4月2日付の記事です。 https://mainichi.jp/articles/20190402/ddm/001/040/141000c 国立公文書館で「統括公文書専門官室主任公文書研究官」を務めていた尼子昭彦氏は、平成改元を経て一貫して極秘の元号選定作業に携わり続けた…

日本アーカイブズ学会2019年度大会【4/20-21】

標記の大会が開催されます。 参加申し込みは不要です。 詳しくは、日本アーカイブズ学会のサイトをご参照ください。 http://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=331 期日 2019年4月20日(土)・21日(日) 会場 学習院大学 南3号館(JR山手線目…

「オウム」繰り返さない旧上九一色村 「闘いの歴史」保存へ 説法テープや監視日誌 地下鉄サリン24年

『読売新聞』のサイトの2019年3月21日付の記事です。 https://www.yomiuri.co.jp/local/yamanashi/news/20190320-OYTNT50120/ オウム真理教の教団施設が集中していた山梨県の旧上九一色村富士ヶ嶺地区(現・富士河口湖町)の公民館に残る教団関連の資料につ…

ユネスコ「世界の記憶」改革遅れ 新制度は来年以降か

『産経新聞』のサイトの2019年3月20日付の記事です。 https://www.sankei.com/world/news/190320/wor1903200006-n1.html ユネスコは「世界の記憶」(世界記憶遺産)の新制度を年内に策定予定でしたが、日程の遅れで来年以降にずれ込む可能性が強まったそうで…

ダマスカス近郊で盗まれた貴重な古文書「NYへ密輸」 シリア国連大使

スプートニク日本の2019年3月16日付の記事です。 https://jp.sputniknews.com/middle_east/201903166041747/ シリアが、ダマスカス近郊のシナゴーグから持ち去られた古文書などの貴重な品物を返還するよう求めているそうです。

東日本大震災8年 記録と記憶を紡ごう

『佐賀新聞』のサイトの2019年3月11日付の論説です。 https://www.saga-s.co.jp/articles/-/347702 「大震災に関わる膨大な記録や記憶が残されている。これらを確実に保存し、公開していく、次の世代に継承していくことが、「災後」を生きる私たちの務め、未…

東日本大震災8年 思い出の品、返る日は 拾得物巡り揺れる被災地

『毎日新聞』のサイトの2019年3月10日付の記事です。 https://mainichi.jp/articles/20190310/ddm/010/040/038000c 東日本大震災の津波で流され、持ち主が分からない写真や位牌などの震災拾得物をどう扱っていくべきかについての議論を取り上げています。

2018年度アーカイブズカレッジ修了論文報告会【3/16】

標記の研究会が開催されます。 参加申し込みは不要です。 詳しくは、主催者のサイトをご参照ください。 http://samidare.jp/archives/note?p=log&lid=466321 日時:2019年3月16日(土) 13:00~17:00 場所:学習院大学 目白キャンパス 中央教育研究棟401教室 …

外務省に歴史専門官…「領土」や「慰安婦」助言

『読売新聞』のサイトの2019年2月14日付の記事です。 https://www.yomiuri.co.jp/politics/20190214-OYT1T50152/ 外務省は、外交史料を収集・管理し調査研究する外務省の職員で、外交や政策立案で助言役となる「外交アーキビスト」の育成に乗り出すそうです。

麻生氏、首相時代の資料は「残さないよう努めている」

朝日新聞デジタルの2019年2月13日付の記事です。 https://www.asahi.com/articles/ASM2F5KMZM2FUTFK01B.html 麻生太郎財務相は「首相当時の資料をどれぐらい残しているか」と質問され、「ほとんど残さないよう努めている」と述べたそうです。

福島大「松川資料室」管理運営体制強化 世界記憶遺産再申請へ

『福島民友新聞』のサイトの2019年2月7日付の記事です。 http://www.minyu-net.com/news/news/FM20190207-348997.php 福島大学は、「松川事件」の裁判資料や元被告らの手紙など関係資料を収蔵する同大松川資料室について、管理運営体制の強化のため室長と研…

全史料協近畿部会第150回例会「近代日本の文書管理からアーカイブズを探る」【3/8】

標記の研究会が開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、全国歴史資料保存利用機関連絡協議会のサイトをご参照ください。 http://jsai.jp/iinkai/kinki/kinki-top.html と き 平成31年3月8日(金) 14:00~17:15 (13:30開場) ところ 京…

全史料協関東部会第299回定例研究会「アーカイブズのファシリティマネジメント―老朽化する館と持続可能なアーカイブズ 戸田市アーカイブズ・センターの場合-」【3/1】

標記の研究会が開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、全国歴史資料保存利用機関連絡協議会関東部会のサイトをご参照ください。 http://www.jsai-kanto.jp/study299.html 日時 平成31(2019)年3月1日(金)14:00~16:45 (13:…

古文書 県外「流出」相次ぐ 真田信之関連の史料も

『信濃毎日新聞』のサイトの2019年1月4日付の記事です。 https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20190104/KT181227KQI090007000.php 長野県内で作成、保管されていたとみられる古文書が古書店に売却されるなどして県外に「流出」するケースが相次いでいるこ…

公文書クライシス 「極秘」文書存否不明 鳩山氏照会に外務省 県外移設巡り

『毎日新聞』のサイトの2018年12月30日付の記事です。 https://mainichi.jp/articles/20181230/ddm/041/010/101000c 元首相の鳩山由紀夫氏は在任中に官邸や公邸で保有していた公文書の大半を処分してしまったと明かしたが、米軍普天間飛行場の移設問題などに…