Daily Searchivist

記録管理、文書管理、公文書館、アーカイブ、アーカイブズ... 今注目のキーワードを読み解くための最新情報を厳選してお伝えします。

国際

国際研究交流集会「災害国におけるアーカイブズ保存のこれから−技術交流・危機管理から地方再生へ」【2/6】

標記の研究集会が開催されます。 詳しくは、国文学研究資料館のサイトをご参照ください。 http://www.nijl.ac.jp/ 2018年2月6日(火) 会場 国文学研究資料館 大会議室 (東京都立川市緑町10-3) 参加費 無料 プログラム 開会のご挨拶 大友一雄(国文学研究資料館…

ユネスコ、「世界の記憶」を包括的見直し 「南京」登録後に紛糾…政治利用回避へ今春「行動計画」

産経ニュースの2018年1月3日付の記事です。 http://www.sankei.com/world/news/180103/wor1801030003-n1.html ユネスコが「世界の記憶(記憶遺産)」の包括的見直しに向け、「行動計画」を策定することになったそうです。

ユネスコ分担金40億円、支払い留保を見直し…政府、年末までに手続き

産経ニュースの2017年12月21日付の記事です。 http://www.sankei.com/world/news/171221/wor1712210039-n1.html 政府は、ユネスコによる慰安婦関連資料の「世界の記憶(世界記憶遺産)」登録をめぐり、審査制度の透明性に問題があるとして支払いを留保してき…

国際シンポジウム「デジタルアーカイブ時代の人文学の構築に向けて――仏教学のための次世代知識基盤の構築――」【1/6-7】

標記のシンポジウムが開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、主催者のサイトをご参照ください。 http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/kibans/events.html 会場 東京大学文学部法文2号館1番大教室 日時 2018年1月6日(土)13:00(開場12:30)-18…

「インド洋津波」登録 ユネスコ記憶遺産 ボロブドゥール・ジャワ文学も

『じゃかるた新聞』のサイトの2017年12月13日付の記事です。 http://www.jakartashimbun.com/free/detail/39053.html ユネスコの「世界の記憶」(世界記憶遺産)に、2004年12月にアチェ州などを襲った「インド洋津波」の記録資料や、世界遺産ボロブド…

ユネスコ 米国の脱退は無責任だ

朝日新聞デジタルの2017年11月8日付の社説です。 http://www.asahi.com/articles/DA3S13218090.html 日本政府の分担金一時凍結について、「審査が非公開で意見表明の場もないなどの批判はあるが、だからといって資金を止めたり、離脱を表明したりするのは、…

韓国、ユネスコ新組織誘致 世界記憶遺産を管轄

『東京新聞』のサイトの2017年11月7日付の記事です。 http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201711/CK2017110702000242.html 韓国は、ユネスコの「世界の記憶」(世界記憶遺産)を管轄する「国際記録遺産センター」の誘致に成功したと発表したそう…

ユネスコ、ずさん審査も浮き彫り 「世界の記憶」日韓対立でピリピリ

産経ニュースの2017年11月1日付の記事です。 http://www.sankei.com/world/news/171101/wor1711010018-n1.html 慰安婦関連資料の「世界の記憶」(世界記憶遺産)登録をめぐる混乱について、「「密室」の中で決まるユネスコ審査の「欠陥」が今回、改めて問わ…

世界記憶遺産登録の朝鮮通信使 記念館建立を検討へ

『聯合ニュース』日本語版サイトの2017年10月31日付の記事です。 http://japanese.yonhapnews.co.kr/Locality/2017/10/31/3000000000AJP20171031005000882.HTML 朝鮮通信使の世界記憶遺産登録を推進した釜山文化財団は、韓国・釜山市と日本の朝鮮通信使縁地…

世界の記憶 登録見送りの杉原リスト、「ユネスコから理由説明ない。なぜ…」関係者困惑

産経ニュースの2017年10月31日付の記事です。 http://www.sankei.com/west/news/171031/wst1710310046-n1.html 第2次世界大戦中に多数のユダヤ人の命を救った外交官の杉原千畝の資料「杉原リスト」が、「世界の記憶」(世界記憶遺産)への登録を見送られた…

「世界の記憶」に「上野三碑」と「朝鮮通信使」

朝日新聞デジタルの2017年10月31日付の記事です。他紙でも報じられました。 http://www.asahi.com/articles/ASKBS6JHSKBSUCVL02J.html ユネスコの「世界の記憶」(旧・記憶遺産)に、国内候補の古代石碑群「上野三碑」と、日韓の団体が共同申請した「朝鮮通…

「世界遺産のような政府間会議設置を」 ユネスコ内でも記憶遺産登録制度のあり方に強い異論

産経ニュースの2017年10月20日付の記事です。 http://www.sankei.com/world/news/171020/wor1710200005-n1.html ユネスコ国際諮問委員会(IAC)のアルライシ議長は、記憶遺産審査を前に、「公文書の専門家集団であるIACに、関係国の利害が対立する案件…

「世界の記憶」審査、異論あれば保留に ユネスコが変更

朝日新聞デジタルの2017年10月19日付の記事です。 http://www.asahi.com/articles/ASKBJ5VD2KBJUTFK01B.html ユネスコは、「世界の記憶(旧・記憶遺産)」の政治利用を避けるため、複数の当事者間で事実関係や歴史認識で意見が異なる案件は、当事者間の話し…

海外アーカイブ・ボランティアの会 2017年度活動報告会【11/6】

標記の報告会が開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、全史料協のサイトをご参照ください。 http://jsai.jp/ibbs/b20171013.html UNHCR登録局資料Fonds11/シリーズ3/001 整理と研究 〜国際機関アーカイブ整理プロジェクト報告会〜 日時 2…

「デジタルアーカイブ」と「研究データ」の出会いシンポジウム〜データの保存と活用へ、ライブラリアンとアーキビストの挑戦【11/6】

標記のシンポジウムが開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、国立国会図書館のサイトをご参照ください。 http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/201711rda.html 日時 2017年 11月6日(月) 13時30分〜17時45分 (13時00分開場) 会場 国立国会…

wam国際シンポジウム「国家による人権侵害の記録をどう保存していくのか―公文書管理と草の根アーカイブズの課題」【11/3】

標記のシンポジウムが開催されます。 詳しくは、アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」のサイトをご参照ください。 http://wam-peace.org/20170902/ 日 時:2017年11月3日(金・祝)13:30〜(13時開場) 場 所:在日本韓国YMCA 9階ホール (…

IIIF (International Image Interoperability Framework)ワークショップ in 九州【10/20】

標記のワークショップが開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、九州大学大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻のサイトをご参照ください。 http://lss.ifs.kyushu-u.ac.jp/?p=1139 主催:九州大学大学院統合新領域学府ライブラリ…

記憶遺産、新制度適用は次期申請から 中韓などの慰安婦資料、登録の可能性高まる

産経ニュースの2017年9月12日付の記事です。 http://www.sankei.com/politics/news/170912/plt1709120002-n1.html ユネスコの「世界の記憶」(旧称・記憶遺産)が、政治的思惑絡みの制度乱用から事業を保護するために導入する制度改革問題で、新制度の適用は…

iPRES 2017【9/25-29】

デジタルデータの長期保存に関する諸課題を議論する国際的な学術会議iPRES (International Conference on Digital Preservation)が、京都で開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、iPRES 2017のサイトをご参照ください。 https://ipres2017.…

アジア記憶遺産、日本からの推薦断念 松川事件など公募3件「基準満たさず」

産経ニュースの2017年7月28日付の記事です。 http://www.sankei.com/life/news/170728/lif1707280025-n1.html ユネスコ日本国内委員会は、「世界の記憶」(世界記憶遺産)アジア太平洋地域版について、2018年の登録に向けた国内からの推薦を見送るそうで…

公開講演会「世界記録遺産プログラムとベトナムの取り組み」【7/22】

標記の講演会が開催されます。 参加申し込みは不要です。 詳しくは、学習院大学大学院人文科学研究科アーカイブズ学専攻のサイトをご参照ください。 http://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/arch/ 日時:2017年7月22日(土) 16時〜17時30分 会場:学習院大学 …

世界の記憶、一部「政治的案件」を審議除外へ ユネスコ

朝日新聞デジタルの2017年6月25日付の記事です。 http://www.asahi.com/articles/ASK684CPPK68UCLV006.html ユネスコが、「世界の記憶」日本関連候補の一部の「政治的案件」を審議対象から外す方針であることがわかったそうです。

アジア版記憶遺産に3件応募

産経ニュースの2017年5月20日付の記事です。 http://www.sankei.com/life/news/170520/lif1705200041-n1.html ユネスコ日本国内委員会は、「世界の記憶」(世界記憶遺産)のアジア太平洋地域版の国内候補に、3件の応募があったと発表したそうです。

ユネスコ分担金を再び留保 政府、記憶遺産審査の即時改善求める 「慰安婦問題」推移見極め

産経ニュースの2017年5月7日付の記事です。 http://www.sankei.com/politics/news/170507/plt1705070005-n1.html ユネスコは密室審査との批判が出ている「世界の記憶」(記憶遺産)の審査方法の見直しを進めており、日本政府は改善された制度の即時適用を求…

「国際アーカイブズの日」記念講演会【6/9】

国立公文書館が、標記の講演会を開催します。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、同館のサイトをご参照ください。 http://www.archives.go.jp/news/20170518.html ・日時:平成29年6月9日(金)14:00〜16:40 ・講演1:井口 和起 京都府…

主張対立、当事国で事前調整=「世界の記憶」改革案歓迎−ユネスコ

時事通信のサイトの2017年5月5日付の記事です。 http://www.jiji.com/jc/article?k=2017050500429&g=pol 「世界の記憶」選定方法をめぐり、ユネスコ執行委員会は、歴史専門家らでつくる国際諮問委員会(IAC)が作成した改革案の中間報告を歓迎する決議を…

作兵衛作品の劣化対策など完了 田川市石炭・歴史博物館

『西日本新聞』のサイトの2017年4月30日付の記事です。 https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikuhou/article/325205/ 福岡県田川市石炭・歴史博物館では、ユネスコ「世界の記憶」(世界記憶遺産)に選ばれた山本作兵衛の炭坑記録画や関連資料の劣化防止を…

記録管理学会2017年研究大会【6/2-3】

記録管理学会が、今年の研究大会を開催します。 詳しくは、同会のサイトの「トピックス」をご参照下さい。 https://www.rmsj.jp/ 開 催 日: 2017年 6月 2日(金)、3日(土) 見学コースにご参加の方は6月2日(金)JR二日市駅待合室に9:05集合です。 会 場 : …

「白樺日誌」の状態調査を公開 京都・舞鶴引揚記念館「継承へ取り組み検証」

産経ニュースの2017年2月17日付の記事です。 http://www.sankei.com/region/news/170217/rgn1702170042-n1.html 京都府舞鶴市の舞鶴引揚記念館は、ユネスコの世界記憶遺産に登録された資料「白樺日誌」の状態調査を公開したそうです。

政府、ユネスコ分担金を拠出 記憶遺産の制度改善と評価

『北海道新聞』のサイトの2016年12月22日付の記事です。他紙でも報じられました。 http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/politics/1-0351176.html 政府は、「世界の記憶」(世界記憶遺産)を巡る登録制度の改善が進んでいることを評価し、支払いを留保…