Daily Searchivist

記録管理、文書管理、公文書館、アーカイブ、アーカイブズ... 今注目のキーワードを読み解くための最新情報を厳選してお伝えします。

イギリス

歴史学が問う公文書の管理と情報公開: 特定秘密保護法下の課題

安藤正人; 吉田裕; 久保亨編. 歴史学が問う公文書の管理と情報公開: 特定秘密保護法下の課題. 大月書店, 2015, 264p. 主な内容は以下の通りです。 総論 (安藤正人・吉田裕・久保亨) 第I部 「情報公開後進国」日本を問い直す――戦後、そして現在 第1章 公文…

中世史料との対話

村井章介. 中世史料との対話. 吉川弘文館, 2014, 352p. 主な内容は以下の通りです。 序 総論と比較史 中世史料論 中世史史料について 補論 中世の「書面」と歴史情報 日英中世史料論 終論 日本所在の韓国史関係史料―前近代を中心に 日本における史料編纂の現…

『Records Management Journal』Vol. 23, Issue 3

『Records Management Journal』Vol. 23, Issue 3(2013年)の主な内容は以下の通りです。 Enterprise Content Management and the Records Continuum Model as strategies for long-term preservation of digital information Proscovia Svärd Shaping a pr…

『Records Management Journal』Vol. 23, Issue 2

『Records Management Journal』Vol. 23, Issue 2(2013年)の主な内容は以下の通りです。 Factors impacting information governance in the mobile device dual‐use context Mario Silic, Andrea Back Issues with contact centres – as a new interface b…

『Records Management Journal』Vol. 23, Issue 1

『Records Management Journal』Vol. 23, Issue 1(2013年)の主な内容は以下の通りです。 Big government, big solution: could there be a message for all? Catherine Hare Information culture in a government organization: Examining records managem…

『Records Management Journal』Vol. 22, Issue 3

『Records Management Journal』Vol. 22, Issue 3(2012年)の主な内容は以下の通りです。 The paradox of our age Julie McLeod Designing an effective EDRMS based on Alter's Service Work System model Peter Goldschmidt, Pauline Joseph, Shelda Debo…

『Records Management Journal』Vol. 22, Issue 2

『Records Management Journal』Vol. 22, Issue 2(2012年)の主な内容は以下の通りです。 Thoughts on the opportunities for records professionals of the open access, open data agenda Julie McLeod Archivists 2.0: redefining the archivist's profe…

『Records Management Journal』Vol. 22, Issue 1

『Records Management Journal』Vol. 22, Issue 1(2012年)の主な内容は以下の通りです。 A comparative case study on metadata schemes at Swedish governmental agencies Nils Troselius, Anneli Sundqvist Understanding functions: an organizational …

『Journal of the Society of Archivists』Vol. 33, Issue 2

『Journal of the Society of Archivists』Vol. 33, Issue 2(2012年10月)の主な内容は以下の通りです。 Editorial Alexandrina Buchanan & Jenny Bunn Articles Perspectives and Priorities: The National Archives Vision for Sector Leadership Nick Ki…

『Journal of the Society of Archivists』Vol. 33, Issue 1

『Journal of the Society of Archivists』Vol. 33, Issue 1(2012年5月)の主な内容は以下の通りです。 「Community engagementとオリンピック・パラリンピック」の特集号です。 Editorial Community Engagement and the Olympics Louise Ray Original Arti…

『レコード・マネジメント』第68号

記録管理学会が発行する『レコード・マネジメント』第68号(2015年3月)の主な記事は以下の通りです。 特別寄稿 記録管理がビジネス・アーカイブズの品質を向上させる 松崎裕子 論文 戦後日本の公文書管理改善運動における「保存」と「廃棄」の位置:レコー…

英政府が遺言4100万件をネットで公開、著名人の遺言も

AFPBB Newsの2014年12月28日付の記事です。 http://www.afpbb.com/articles/-/3035338 英政府は27日、政府が保存してきたイングランドとウェールズの遺言4100万件余りを検索できるインターネット上のデータベースを公開したそうです。

立命館大学アート・リサーチセンター 日本文化資源デジタル・アーカイブ研究拠点 キックオフシンポジウム【9/27】

標記のシンポジウムが開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、主催者のサイトをご参照ください。 http://www.arc.ritsumei.ac.jp/lib/JURC/activity/sympo/post-5.html 2014年9月27日(土) 13:00〜17:00 立命館大学 衣笠キャンパス アート…

宗教アーカイブズ向けガイド

英国の宗教アーカイブズ関係者の団体Religious Archives Groupが、以下の3点のガイドをWebサイト上で公開しています。 http://religiousarchivesgroup.org.uk/welcome/advice/rag/ Preserving Your Personal Records: A Guide for Owners Guidance to Truste…

『アーカイブズ学研究』第19号

日本アーカイブズ学会が発行する『アーカイブズ学研究』第19号(2013年11月)の主な内容は以下の通りです。 小特集 2013年度大会企画研究会〈放射線データアーカイブズの構築に向けて〉 開催趣旨 研究小委員会 福島放射線測定データの現状とメタデータベース…

英政府、植民地関連の文書破棄を指示 公文書開示で判明

AFPBB Newsの2013年12月4日付の記事です。 http://www.afpbb.com/articles/-/3004469 英国の植民地支配が終焉を迎えていた時期、同国政府が国の植民地政策に関連する機密文書を破棄するよう地元の当局者に指示していたことが明らかになったそうです。

オープンデータシンポジウム「世界最先端オープンデータ社会の実現に向けて 世界の潮流から学ぶべきこと」【12/9】

標記のシンポジウムが開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、主催者のオープンデータ流通推進コンソーシアムのサイトをご参照下さい。 http://www.opendata.gr.jp/2nd_symposium/ 開催日時 2013年12月9日(月) 13:30〜17:00 開催場所 東京大…

明治大学スタッフ・セミナー講演会「歴史をつくること:将来の文書館を創造するために地域コミュニティと共に働く文書館員」【10/26】

明治大学で、標記の講演会が開催されます。 詳しくは、同大学のサイトの「イベント一覧」をご参照ください。 http://www.meiji.ac.jp/koho/event/event2013.html 国際交流第347回スタッフセミナー講演会 Making History: Archivists working with Local C…

RBS、英規制当局から560万ポンドの課徴金―ずさんな記録管理で

『ウォール・ストリート・ジャーナル』日本版サイトの2013年7月25日付の記事です。 http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323471504578626343639593044.html 英国の金融監督当局である金融行動監督機構、市場取引のずさんな記録管理を理由に、銀行大手…

『レコード・マネジメント』第64号

記録管理学会が発行する『レコード・マネジメント』第64号(2013年5月)の主な記事は以下の通りです。 論文 歴史公文書等の的確かつスムーズな移管等と利用促進のための普及活動 嶋田典人 個人が行う記録管理 −東日本大震災からの教訓− 小形美樹 研究ノート …

『世界のビジネス・アーカイブズ: 企業価値の源泉』英語版

渋沢栄一記念財団実業史研究情報センターは2013年3月、Leveraging Corporate Assets: New Global Directions for Business Archivesと題する電子書籍を作成しました。 同財団のサイトから全文をダウンロードできます。 http://www.shibusawa.or.jp/english/c…

英語圏における記録情報管理教育課程一覧

米国のARMA International教育財団は、International Directory of English Language Courses in Records and Information Managementを2013年に公開しました。 http://www.armaedfoundation.org/school_database/main.shtml 記録情報管理に関する教育を英語…

100年後にゲームを伝えるには・・・日米英キーマンによるシンポジウムをレポート

インサイドの2013年1月23日付の記事です。 http://www.inside-games.jp/article/2013/01/23/63190.html 先日ご紹介したシンポジウム「ゲーム保存国際カンファレンス:ビデオゲーム 〜保存?忘却?世界はどう考えているか〜」の模様を、各登壇者の発言内容を…

シンポジウム「ゲーム保存国際カンファレンス:ビデオゲーム 〜保存?忘却?世界はどう考えているか〜」【1/18】

標記のシンポジウムが開催されます。 参加には申し込みが必要です。 詳しくは、主催者の立命館大学ゲーム研究センターのサイトをご参照下さい。 http://www.rcgs.jp/2013/01/118.html 日 時 2013年1月18日(金)14:00〜17:00(受付開始 13:30) 会 場 小倉百…

『歴史学研究』第891号

歴史学研究会の機関誌『歴史学研究』の第891号(2012年4月)に、以下の記事が掲載されています。 「時代遅れの学問だと思っているのでしょう」 : ロンドン大学キングス・カレッジ古文書学の講座廃止について 鶴島 博和 英語圏大学で唯一の古文書学講座の廃止…

『Records Management Journal』Vol. 21, Issue 3

『Records Management Journal』Vol. 21, Issue 3(2011年)の主な内容は以下の通りです。 Preserving records in the cloud Jan Askhoj, Shigeo Sugimoto, Mitsuharu Nagamori Motivations for records management in mobile work Sari Mäkinen, Pekka Hent…

『Records Management Journal』Vol. 21, Issue 2

『Records Management Journal』Vol. 21, Issue 2(2011年)の主な内容は以下の通りです。 Functional classification of records and organisational structure Pekka Henttonen, Kimmo Kettunen ISO 15489 and other standardized management systems: ana…

『Records Management Journal』Vol. 21, Issue 1

『Records Management Journal』Vol. 21, Issue 1(2011年)の主な内容は以下の通りです。 Rising to the level of a record? Some thoughts on records and documents Geoffrey Yeo Public access to legislative drafting files Shannon Tomlinson Records…

『Journal of the Society of Archivists』Vol. 32, Issue 2

『Journal of the Society of Archivists』Vol. 32, Issue 2(2011年12月)の主な内容は以下の通りです。 Editorial Alexandrina Buchanan, Elizabeth Shepherd & Caroline Williams Original Articles ‘We Are What We Keep; We Keep What We Are’: Archiva…

『Journal of the Society of Archivists』Vol. 32, Issue 1

『Journal of the Society of Archivists』Vol. 32, Issue 1(2011年7月)の主な内容は以下の通りです。 「記録・アーカイブズ・技術の長期的非依存性」についての特集号です。 Editorial Caroline Williams & Margaret Procter Original Articles Tying the…